放生津(読み)ほうじょうづ

大辞林 第三版の解説

ほうじょうづ【放生津】

富山県射水いみず市の古名。中世、日本海側の海陸交通の要衝として栄えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

放生津【ほうじょうづ】

放生津潟から富山湾に流れ出す内(うち)川に沿って形成された中世以来の港湾都・政治都市。富山県新湊(しんみなと)市(現・射水市)に属する。中世は射水(いみず)郡大袋(おおい)荘のうち。鎌倉時代に時宗(じしゅう)道場の報土(ほうど)寺が置かれ,越中国の時宗の拠点となり,舟運・海運業が盛んになったとみられる。海岸部の奈呉(なご)浦が越前敦賀(つるが)の気比(けひ)神宮領となっていたのも伏木(ふしき)(現富山県高岡市)の国府津に近いうえ,海退現象による港湾機能の向上,時衆を中心とする経済的基盤の存在が背景にあったと考えられる。鎌倉中期には守護所が置かれ,その西に寺院が進出,内川に沿っては気比社・住吉社が勧請され,奈呉浦を背にしては放生津八幡宮が設けられた。鎌倉後期,東放生津時衆に本阿弥陀仏という廻船業者がおり,北条氏得宗(とくそう)のもと組織された関東御免の津軽船団に属し,財をなしていた。1306年本阿の持船が越前三国湊(現福井県坂井市三国町)に寄港した際,船・船荷が剥奪されたため相論となったが,1320年に和与となった。1333年守護名越(なごえ)時有の兄弟妻子は放生津で敗死したといい,観応の擾乱(かんのうのじょうらん)期に守護桃井(もものい)直常が足利尊氏・義詮(よしあきら)に追討された結果,臨済宗の名刹興化(こうげ)寺などとともに放生津は焼失した。再興は,放生津湊船の課役が石清水(いわしみず)八幡宮の進止下に置かれるようになった1382年ころから始まったとみられる。室町時代には,射水・婦負(ねい)両郡の守護代神保(じんぼ)氏のもとで発展したが,1455年に放生津館が畠山義就(はたけやまよしなり)方の攻撃により焼かれた。1493年から1498年までは足利義材(よしき)(足利義稙(よしたね))を放生津に迎え,多くの幕府奉公衆や奉行人・公家も下向した。1520年越後の長尾為景らの攻撃に神保氏は敗北し,放生津も戦乱の被害を受けた。その後復興し,1581年神保長住は放生津・湊町・山王社門前の場に保護を加え,押買(おしがい)・狼藉などを禁じている。またこのころ当地を掌握していた上杉方が放生津に〈十楽〉を安堵しており,市が栄えていたことが知られる。なお《楢葉越栞》は地名由来として〈古来の浦を奈呉といへるが,神会八月十五日にて,幸ひ放生会式日なれば〉,1328年に放生津と改めたという説を載せる。近世は金沢藩領で,廻船業や漁業の拠点として繁栄した。1649年には放生津新町が町立てされ,ともに多くの外海船を所持し,米や材木などを回漕する北前船の中継地となった。1858年の放生津町の家数1792,男3836・女3719。1871年周辺町村と合併して新湊町となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょうづ【放生津】

越中国放生津潟の北西側と日本海岸(奈呉の海)に接する中世以来の湊町(現,富山県新湊市)。中世は大袋(おおい)荘に属し,日本海側の海陸交通の要衝であった。鎌倉時代には守護所が置かれたが,いつからかは不明である。守護名越氏が放生津に在地した徴証は鎌倉末期であり,《太平記》には1333年(元弘3)六波羅の敗報で在地勢が離反したため,守護名越時有の兄弟妻子が放生津で敗死した悲話を伝えている。建武政権の崩壊後,放生津はしばしば南朝方の拠点となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放生津
ほうじょうづ

富山県射水市(いみずし)、庄川(しょうがわ)河口の富山新港の位置にあった都市。地名は条里制の北条に由来する、また、海岸部の奈呉浦(なごのうら)で、殺生を戒める神事の放生会(ほうじょうえ)が行われたことにちなむなどと言われている。中世は射水郡大袋荘(おおいのしょう)に属する湊町として知られ、鎌倉時代には越中国守護所が置かれた。『太平記』には、1333年(正慶2・元弘3)倒幕軍に攻められた守護名越時有(なごえときあり)一族が放生津城に火を放って自害したという悲話がある。室町期には守護代神保氏(じんぼし)の支配下に置かれ、1493年(明応2)には細川政元に京を追われた足利義稙(よしたね)が神保氏を頼って下向し、再起を図って1498年まで滞在している。戦国期には神保・長尾両氏の争いをはじめ戦乱が続いたが、1576年(天正4)上杉謙信の越中支配時には楽市楽座が認められ、賑わった。江戸時代には越中の中心地としての湊町に活路を見出した。[溝口常俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の放生津の言及

【越中国】より

…その由緒で承久の乱には北条朝時が北陸道大将軍となって西上,これ以後,鎌倉時代を通じてその子孫の名越氏が守護職を世襲した。しかし守護名越氏もその守護代もともに鎌倉にあって,在地では又守護代が職務を代行し,守護所は放生津に置かれた。また名越氏と被官関係にあった地頭代(岡成,土肥,椎名氏等)が鎌倉幕府内における名越氏の権勢を背景として所領支配を拡大強化し,南北朝期以降に国人として発展する基礎を築いた。…

【新湊[市]】より

…人口3万8491(1995)。古くは奈呉,放生津(ほうしようづ)と呼ばれ,鎌倉時代の守護所,加賀藩時代の蔵宿がおかれるなど,この地方の中心であった。江戸時代には北前船をはじめ回漕業が盛んであった。…

※「放生津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放生津の関連情報