コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベックラー Hans Böckler

世界大百科事典 第2版の解説

ベックラー【Hans Böckler】

1875‐1951
ドイツの労働運動家,政治家。フェルト近郊に御者の息子として生まれた。金銀箔職工となり,1894年ころドイツ金属労働者組合(DMV),社会民主党(SPD)に加入した。メーデーに加わったために職を失い,第1次大戦までは組合活動家として不安定な生活を送る。大戦中東部戦線で従軍し,負傷して除隊すると組合活動に復帰,一時,中央労働共同体の書記を務める。1924‐28年,ケルン市議会議員となり,28年以来帝国議会議員に選出されたが,33年には2度逮捕され,以来地下に潜伏する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のベックラーの言及

【DGB】より

…これがDGBである。DGBは,金属,化学,鉱山,印刷,鉄道,公務・運輸・交通,商業・銀行など16の産業別組合が加盟する連合体であって,創立当時の組合員数は約528万人,初代議長にはH.ベックラーが選ばれた。ごく最近,警察官組合が加盟し,参加組合数は17となったが,大産業別組合主義を組織原則としている点は創立以来変わっていない。…

※「ベックラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベックラーの関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎市川崑フランス共和国憲法木下恵介久松静児マキノ雅広日本郵便制度史(年表)ANZUS条約稲垣浩

ベックラーの関連情報