コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベニング Simon Bening

世界大百科事典 第2版の解説

ベニング【Simon Bening】

1483か84‐1561
フランドルの細密画家。ヘントに生まれ,1508年ブリュージュの書籍業組合に親方として入会。父アレクサンダーAlexander B.(?‐1519)と共に,ブリュージュで大規模な写本工房を営む。ヨーロッパ各地の聖職者や富裕な平信徒の注文に応じて,豪華な色彩で聖務日課書時禱書の全ページまたは欄外余白に細密画(ミニアチュール)を描き,ブリュージュの写本工房の活動をヨーロッパ中に知らせた。代表的写本は《ヘネシーの時禱書》(ブリュッセル),《グリマーニの聖務日課書》(共同制作,ベネチア),《ゴルフの書》(ロンドン)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ベニングの関連キーワードトルーマン(David Bicknell Truman)20センチュリー・ウーマンエリザベス スウェイドスアメリカン・ビューティーリチャード ボーシュウォーレン ビーティキッズ・オールライトロバート オルトンマーズ・アタック!ロス パワーズマントル対流説コロンバスめぐり逢い実験映画スタークバグジービーティ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベニングの関連情報