ベニング(英語表記)Simon Bening

世界大百科事典 第2版の解説

ベニング【Simon Bening】

1483か84‐1561
フランドルの細密画家。ヘントに生まれ,1508年ブリュージュの書籍業組合に親方として入会。父アレクサンダーAlexander B.(?‐1519)と共に,ブリュージュで大規模な写本工房を営む。ヨーロッパ各地の聖職者や富裕な平信徒の注文に応じて,豪華な色彩で聖務日課書時禱書の全ページまたは欄外余白に細密画(ミニアチュール)を描き,ブリュージュの写本工房の活動をヨーロッパ中に知らせた。代表的写本は《ヘネシーの時禱書》(ブリュッセル),《グリマーニの聖務日課書》(共同制作,ベネチア),《ゴルフの書》(ロンドン)など。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベニングの関連情報