コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時祷書 じとうしょBook of Hours

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時祷書
じとうしょ
Book of Hours

キリスト教信徒の個人的な勤行のために書かれた祈祷書。日々の定時課 (1日8回) の祈祷文のほかに,聖霊と聖十字架の時課,聖歌,連祷,死者聖務などをその内容とし,また通例月暦画を含む華麗な細密画の挿絵を伴う。中世末期から一般に流布し,14世紀末から 15世紀にかけてのフランスで特に美術史的価値の高いものが制作された。代表的な作例は,ランブール兄弟が制作した『 (ベリー公の) いとも豪華なる時祷書』 (1416,シャンティイコンデ美術館) および『ルーアンの時祷書』 (19頃,パリ国立図書館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

時祷書の関連キーワードフーケ(Jean Fouquet)ジャックマール・ド・エダンジャン・ド・ピュッセルランブール(兄弟)イラストレーションランブール[兄弟]ネーデルラント美術国際ゴシック様式ミニアチュールソーミュール城シャンティイ城ランブール装飾写本クロビオ風俗画フーケ絵画写本

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時祷書の関連情報