ベニー カーター(英語表記)Benny Carter

20世紀西洋人名事典の解説

ベニー カーター
Benny Carter


1907.8.8 -
米国のジャズ奏者。
ニューヨーク生まれ。
本名Bennett Lester Carter。
フランク・トランバウアーの演奏を聴いてからサックスを始めた。1928年からフレッチャー・ヘンダーソン楽団で活躍し、’35年にパリでウイリー・ルイス楽団に参加、’38年に帰国して自己のビッグ・バンドで演奏した。’45年にはハリウッドで映画音楽を手がけて、なかでも「ストーミー・ウェザー」「キリマンジャロの雪」は有名である。’61年にカウント・ベイシー楽団に提供した「カンサスシティ組曲」はファイブ・スターに輝いた。’70年代以降はコロラド大学などで教鞭をとり、多くのジャズ祭に参加して健在ぶりを示している。他の作品として「ジャズ・ジャイアント」「コスモポライト」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ベニー カーター

生年月日:1907年8月8日
アメリカのジャズ・アルトサックス奏者;作曲家
2003年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android