コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラト Berat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラト
Berat

アルバニア南部,首都ティラナ南方,ベラト地区の行政中心地。オスム川に臨み,肥沃な農業地域に囲まれる。住民の大部分はイスラム教徒で,残りはギリシア正教徒 (アルバニア国民教会) 。古代ギリシアの都市が起源と考えられ,13世紀に再建。ビザンチン帝国,セルビア王国,オスマン帝国の支配下に置かれた。19世紀後半には民族主義運動の拠点となった。古い城塞,モスク,聖堂などが残る。2008年,世界遺産ギーロカスタルの拡大登録に伴い,同文化遺産に登録された。人口 4万112 (2001) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベラト(Berat)

アルバニア中南部の都市。オスム川沿いに位置する。オスマン帝国時代に造られた石造りの家並みで知られ、2008年に同国南部の都市ジロカストラとともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ベラトの関連キーワードボルテッラオリオン座ベラトリン高乃麗ブドウ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android