コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベラン文様 ベランもんようbérin motifs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベラン文様
ベランもんよう
bérin motifs

18世紀初めにフランスのジャン・ベラン父子によって創案された装飾文様。織物,壁面装飾,家具などをはじめ,陶磁器その他の素材にも広く使われた。ルネサンス時代のグロテスク文様に発想を得てそれをさらに整理し,懸花文やシノアズリー文様,アーチ,円柱胸像などを加えた軽快で空想的な文様。空中に浮遊しているような奇妙な幻想感がある点と,花縄の垂れ飾りなどに特色がある。18世紀のフランスで最も愛好された典型的なロココ文様の一種。(→ロココ美術

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android