コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリエフA-50 ベリエフエーごじゅうBeriev A-50

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベリエフA-50
ベリエフエーごじゅう
Beriev A-50

ソビエト連邦が 1984年頃配備を開始した空中警戒管制機 AWACS。西側コード名はメインステイ Mainstay。イリューシン Il-76輸送機の胴体上部に直径 10.5mの回転ドームを搭載し,半径 400kmの空域を監視できるという。乗員 15,全長 46.6m,全幅 50.5m,総重量約 190t,パトロール速度時速 600km,航続距離 5000km。中国やインドも本機を採用している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベリエフA-50の関連キーワードソビエト連邦

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android