ベリャーンキン(読み)べりゃーんきん(英語表記)Дмитрий Степанович Белянкин/Dmitriy Stepanovich Belyankin

  • 1876―1953

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロシア・ソ連の地質学者。旧ソ連地域の地層や岩石を調査し、とくに天然宝石および希土類元素などの有用資源を含む鉱層や、火成岩による接触交代鉱床などの研究で知られる。また、岩石の化学組成や実験岩石学的研究を系統的に行い、一生の間に330編以上の論文を公にしている。とくに、カフカス地方で新期の半深成岩の迸入(へいにゅう)岩体(貫入岩体)を発見し、今日の鉱業の基礎を築いている。スターリン賞受賞、科学アカデミー会員に選出された。

[大森昌衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android