接触交代鉱床(読み)せっしょくこうたいこうしょう(英語表記)contact metasomatic deposit

  • せっしょくこうたいこうしょう ‥カウタイクヮウシャウ
  • せっしょくこうたいこうしょう〔カウタイクワウシヤウ〕
  • 接触交代鉱床 contact metasomatic deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰岩およびドロマイト花崗岩などの迸入によって熱変成作用を受け,マグマから供給される物質交代作用によって,スカルンを伴う各種の金属鉱物をその接触部に生成させてできた鉱床。この種の鉱床は塊状をなすことが多い。岩手県釜石鉱山の鉄,銅鉱床,岐阜県神岡鉱山の亜鉛鉱床がこの代表的な例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スカルン鉱床とも。火成岩体,特に花コウ岩と他の岩石,特に石灰岩との境界部に交代作用によって形成された鉱床。スカルン鉱物を伴うのが特徴。マグマから放散された流動体と岩石との反応によって形成されたと考えられる一種火成鉱床。岩手県釜石鉱山の鉄・銅の鉱床などがその例。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

交代鉱床の一種。マグマの活動により発生する高温の鉱化流体が岩石中を移動・上昇するときに,石灰岩やドロストーンの中を通過すると化学的に反応して,これらの岩石をケイ酸塩鉱物の集合体で置き換えてしまう。このような地質現象は交代作用とよばれ,新しく生成したケイ酸塩鉱物よりなる岩石はスカルンとよばれる。この際,鉱化流体中に存していた鉄,銅,亜鉛,鉛,タングステン,モリブデン,スズなどの有用金属も,硫化物や酸化物として沈殿して鉱床をつくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貫入火成岩体の熱に起因する交代作用によって、火成岩近傍の炭酸塩岩石(石灰岩など)の中に形成された鉱床。高温交代鉱床、スカルン型鉱床とほぼ同義。堆積(たいせき)岩との境界に沿っても多くの鉱床が存在すること、鉱床がスカルンの生成と密接に関係していることなどから、一般的にはスカルン型鉱床の用語が用いられる。

[正路徹也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 接触変成作用の時に、マグマからの物質の供給を受けて生じた鉱床。花崗岩の接触変成作用を受けた石灰岩層に生じた、鉛・亜鉛や鉄・銅の鉱床など。岐阜県神岡鉱山、岩手県釜石鉱山はこの例。接触鉱床。高温交代鉱床。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android