コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベリル レイド Beryl Reid

20世紀西洋人名事典の解説

ベリル レイド
Beryl Reid


1920.6.17 -
英国の女優。
ヒアフォード生まれ。
1936年に舞台デビュー。「Educating Archie」というラジオ番組のモニカ役でイギリスで最も有名な喜劇女優の異名をとる。テレビ、クラブ出演などの仕事をこなしたのち、再び舞台へ戻る。’65年「The Killing of Sister George」で評判を呼び、’69年その映画版「甘い抱擁」に出演。「Entertaining Mr.Sloane」でも、舞台・映画の両方に出演した。ビル・ワーズリー、音楽家のデレク・フランクリンと結婚。’84年には自伝を発表。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ベリル レイドの関連キーワード大恐慌牧野省三戦間期フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android