コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルリンのマリエン教会 ベルリンのマリエンきょうかい

1件 の用語解説(ベルリンのマリエン教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルリンのマリエンきょうかい【ベルリンのマリエン教会】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)ミッテ区、アレクサンダー広場(Alexanderplatz)のベルリンテレビ塔近くにある教会。1270年に建てられたゴシック様式のレンガ造の建物で、ベルリンで2番目に古い教会である。ベルリンを舞台にした森鴎外の小説『舞姫』で、主人公太田豊太郎エリスと出会うのは、この教会の前である。ここで一番有名なのが、塔内部にある1484年に制作された幅22mのフレスコ画死の舞踏」である。礼拝堂にはA・クリューガー(Antonio Krüger)の後期バロック様式の中央祭壇がある。礼拝堂の窓は戦前までステンドグラスで飾られていたが、戦後普通のガラス窓になった。内部の見学はガイドツアーのみで可能である。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ベルリンのマリエン教会の関連キーワード三B政策勝又悠パーマーの危機脱出ベルリン・ゲームベルリン・天使の詩ベルリンの葬送ヘリコップ紺青三B政策さんビーせいさく

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone