コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルリンの植物園 ベルリンのしょくぶつえん

1件 の用語解説(ベルリンの植物園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルリンのしょくぶつえん【ベルリンの植物園】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)にある世界最大級の植物園。1897年に着工し、1910年に完成した。敷地面積は43haにも及び、その中に、世界中の約2万2000種の植物が植えられている。イギリスリッチモンドキューガーデンズカナダモントリオールモントリオール植物園とともに、世界3大植物園の一つに数えられている。高さ25mの熱帯館は世界一の高さの温室で、ビクトリアオニバスなどの珍しい熱帯植物がある。また、樹木の花の生物学や植生学のモデル、古代エジプト副葬品などの展示がある植物学博物館(Botanisches Museum)が併設されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ベルリンの植物園の関連キーワードベルリン西ベルリン東ベルリン伯林ウンターデンリンデン通りベルリン大聖堂ポツダム広場ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団ベルリン・ドイツ交響楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone