コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルリンの植物園 ベルリンのしょくぶつえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

ベルリンのしょくぶつえん【ベルリンの植物園】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)にある世界最大級の植物園。1897年に着工し、1910年に完成した。敷地面積は43haにも及び、その中に、世界中の約2万2000種の植物が植えられている。イギリス・リッチモンドのキューガーデンズ、カナダ・モントリオールのモントリオール植物園とともに、世界3大植物園の一つに数えられている。高さ25mの熱帯館は世界一の高さの温室で、ビクトリア・オニバスなどの珍しい熱帯植物がある。また、樹木の花の生物学や植生学のモデル、古代エジプトの副葬品などの展示がある植物学博物館(Botanisches Museum)が併設されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android