コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベレニケ2世 ベレニケにせいBerenikē II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベレニケ2世
ベレニケにせい
Berenikē II

[生]前269頃
[没]前221
ギリシア語のフェレニケ (「勝利をもたらす者」の意) のマケドニア語形で,キュレネ王マガスの娘。プトレマイオス3世エウエルゲテスと結婚 (前 245) 。セレウコス朝のアンチオコス2世と政略結婚していたベレニケ (プトレマイオス2世の娘) をめぐる紛争で,夫がシリアに軍隊を送ったとき,髪一房をアフロディア神殿に奉納し,安全祈願を行なったことを,詩人カリマコスによって歌われた。その結果,「ベレニケの髪」という新星座名ができたといわれる。プトレマイオス4世の母となったが,夫の死後,実父マガスと陰謀を企てたかどで,廷臣ソシビオスによって毒殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベレニケ2世の関連キーワードプトレマイオス(3世)

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android