ベレニケ2世(読み)ベレニケにせい(英語表記)Berenikē II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベレニケ2世
ベレニケにせい
Berenikē II

[生]前269頃
[没]前221
ギリシア語のフェレニケ (「勝利をもたらす者」の意) のマケドニア語形で,キュレネ王マガスの娘。プトレマイオス3世エウエルゲテスと結婚 (前 245) 。セレウコス朝のアンチオコス2世と政略結婚していたベレニケ (プトレマイオス2世の娘) をめぐる紛争で,夫がシリアに軍隊を送ったとき,髪一房をアフロディア神殿に奉納し,安全祈願を行なったことを,詩人カリマコスによって歌われた。その結果,「ベレニケの髪」という新星座名ができたといわれる。プトレマイオス4世の母となったが,夫の死後,実父マガスと陰謀を企てたかどで,廷臣ソシビオスによって毒殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android