コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンガル分割法 ベンガルぶんかつほうBengal Partition Act

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンガル分割法
ベンガルぶんかつほう
Bengal Partition Act

1905年 10月,インド総督 G.カーゾンによって強行されたベンガル州を2分する法律。カーゾンはベンガル州を2分して,現在のインドの西ベンガル州,ビハール州,オリッサ州を含むベンガル州 (ヒンドゥー教徒多住地域) と,現在のバングラデシュとインド・アッサム州を含む東ベンガル・アッサム州 (イスラム教徒多住地域) とに分けようとした。この分割案をインド人は,宗教的対立を助長し民族運動を分裂させるものとみなした。そしてベンガル地方を中心として反対運動が盛上がり,のちにインド民族運動のスローガンとして有名になるスワラージ (民族自治) ,スワデーシ (国産品愛用) の要求がインド国民会議派の年次大会 (1906) で採択された。それを指導したのは B.ティラク,B.パール,A.ゴーシュらの人々で,激しい反対運動の前にベンガル分割法は 11年に廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ベンガル分割法の関連キーワードオーロビンド ゴーシュB.G. ティラクインド独立運動国民会議派

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android