コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーヌ Pierre Joseph Georges Pigneau de Béhaine

世界大百科事典 第2版の解説

ベーヌ【Pierre Joseph Georges Pigneau de Béhaine】

1741‐99
ベトナムグエン(阮)朝の創始を助けたフランス人カトリック司教。ベトナム名はバク・ダ・ロクBach Da Loc(百多禄)。海外伝道教会の宣教師として1774年から南部ベトナムのハティエンを中心に布教に努めていたが,75年タイソン(西山)軍に追われたクアンナム(広南)朝の王族グエン・フォックアイン(阮福暎。のちのザロン帝)を助け,クアンナム・グエン朝の回復に力を貸すことになった。87年アインの長子カイン(景)をパリに連れていってルイ16世に会い,フランス軍の介入と引換えに,フランスに対する独占商業権の付与,ベトナムの一部港湾の割譲を約して仏越攻守同盟に調印した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ベーヌの関連キーワード寛保堀江六之丞ヘンデルのメサイア江島絵本番付寛保御柳月僊元文古万古

ベーヌの関連情報