ベーヌ(英語表記)Pierre Joseph Georges Pigneau de Béhaine

世界大百科事典 第2版の解説

ベーヌ【Pierre Joseph Georges Pigneau de Béhaine】

1741‐99
ベトナムのグエン(阮)朝の創始を助けたフランス人カトリック司教。ベトナム名はバク・ダ・ロクBach Da Loc(百多禄)。海外伝道教会の宣教師として1774年から南部ベトナムのハティエンを中心に布教に努めていたが,75年タイソン(西山)軍に追われたクアンナム(広南)朝の王族グエン・フォック・アイン(阮福暎。のちのザロン帝)を助け,クアンナム・グエン朝の回復に力を貸すことになった。87年アインの長子カイン(景)をパリに連れていってルイ16世に会い,フランス軍の介入と引換えに,フランスに対する独占商業権の付与,ベトナムの一部港湾の割譲を約して仏越攻守同盟に調印した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android