コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペクチナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

ペクチナーゼ

 [EC3.2.1.15].ポリガラクツロナーゼポリメチルガラクツロナーゼペクチンデポリメラーゼペクチックエンザイムともいう.ペクチン酸,ペクチン,ペクチニン酸などのα1→4ガラクツロニル結合を加水分解する反応を触媒する酵素.植物,酵母,細菌などに広く分布している.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のペクチナーゼの言及

【ペクチン】より

…未熟成果実中ではプロトペクチン,ペクチン酸塩など不溶性成分が多いが,成熟するにつれてしだいに水溶性ペクチンに変化する。ペクチン質に作用する酵素としては,プロトペクチンからのペクチン生成を触媒するプロトペクチナーゼが知られ,ペクチンエステラーゼはペクターゼとも呼ばれ,ペクチンを加水分解してペクチン酸を生成する反応を触媒する。また,ペクチンポリガラクツロナーゼは,ペクチナーゼとも呼ばれ,通常はペクチン酸の加水分解に作用し,ペクチニン酸を分解するものはポリガラクツロナーゼと呼ばれる。…

※「ペクチナーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペクチナーゼの関連キーワードピリミジン系殺菌剤プロトプラスト培養凍結含浸法落葉

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペクチナーゼの関連情報