コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペクリウム peculium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペクリウム
peculium

古代ローマにおいて法的に所有権をもたない人,すなわち家父長権下の息子または奴隷が一定限度内で許された財産 (金銭,物品,土地,奴隷など) を意味する。このような措置は古代ローマ社会において財政と商工業活動の発展によって増大した。法的にはペクリウムは第三者に対して責任の主体となる父または主人の純然たる自発的贈与であり,いつでも取消すことができるが,実際には息子または奴隷が自由に処理することができ,奴隷の場合には,その取得財産によって解放を獲得したり,擬制的な遺言によってそれを譲渡することもできた。皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) の治世以降,兵士が軍務によって取得した財産は自動的にペクリウム (軍営のペクリウム peculium castrense) と認められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ペクリウムの関連キーワード奴隷制

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android