コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペッチャブリー Phetchaburi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペッチャブリー
Phetchaburi

ペッブリー Phetburiともいう。タイ中部,マレー半島基部のペッブリー川河口付近にある町。ペッチャブリー県県都。マレー半島を迂回する航路が開発されるまでは,インドやヨーロッパと東南アジアの大陸部を結ぶ交通路にあたった。付近にはヒンドゥー教,仏教の寺院跡や仏塔がある。鉄道が通る。人口3万 3984 (1985推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペッチャブリー(Phetchaburi)

タイ中南部の都市。首都バンコクの南約160キロメートル、マレー半島の基部に位置する。ラーマ4世、ラーマ5世のヨーロッパの建築様式を取り入れた離宮や、アユタヤ朝時代に創建された仏教寺院などがある。ペッブリー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ペッチャブリーの関連キーワードワットマハタートウォラフィハーンワットヤイスワンナーラームプラナコンキリ歴史公園ケンクラチャン国立公園カオルアン洞窟

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android