コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペテロ行伝 ペテロぎょうでんActs of Peter

世界大百科事典 第2版の解説

ペテロぎょうでん【ペテロ行伝 Acts of Peter】

新約外典の一つ。ペテロシモン・マグスとの戦いにおける勝利,クオ・ウァディス物語,そしてペテロの逆十字架の処刑などの内容を持つ。2世紀末に小アジアで執筆されたもので,巷間の伝承を集めた信徒のための読物。《パウロ行伝》および3世紀前半の《ディダスカリア》はこの《ペテロ行伝》を用いていると思われる。当時の教会では好んで読まれたようであるが,4世紀初めの教会史家エウセビオスは,その証言の価値を否定している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のペテロ行伝の言及

【ペテロ】より

…使徒教父文書の《クレメンスの第1の手紙》5~6章によれば,ペテロはパウロとともにローマで殉教死を遂げたとされているが,その可能性は十分にあると判断されている。しかし外典の《ペテロ行伝》37章の伝える逆十字架での殉教の信憑性は疑問視されている。また新約聖書中の《ペテロの手紙》も,大多数の学者は真正のものとは考えない。…

※「ペテロ行伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペテロ行伝の関連キーワードシモン(魔術師)新約外典

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android