ペリー(読み)ぺりー(英語表記)Gaylord Jackson Perry

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペリー(Gaylord Jackson Perry)
ぺりー
Gaylord Jackson Perry
(1938― )

アメリカのプロ野球選手(右投右打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のサンフランシスコ・ジャイアンツ、クリーブランド・インディアンス、テキサス・レンジャーズ、サンディエゴ・パドレス、ニューヨーク・ヤンキース、アトランタ・ブレーブス、シアトル・マリナーズ、カンザスシティ・ロイヤルズで投手としてプレー。両リーグでサイ・ヤング賞(最優秀投手賞のこと)を受賞し、通算314勝をあげた。
 9月15日、ノース・カロライナ州ウイリアムストンで生まれる。1958年、ジャイアンツに入団。1962年に大リーグ初昇格を果たし、当初はおもに救援として起用された。1966年にほぼ先発専任となると、21勝をマーク。1968年にはノーヒットノーランを達成し、70年には23勝で最多勝も獲得した。投げる前に繰り返し帽子のつばや耳の後ろに指をもっていき、いかにもスピットボール(ボールに唾液などの異物を付着させて投げる不正投球)を投げるような格好をして打者を撹乱(かくらん)した。しかし、引退まぎわまで証拠をつかまれることはなかった。1972年にインディアンスへ移籍すると、24勝で2回目の最多勝を獲得し、サイ・ヤング賞を受賞した。1975年の途中でレンジャーズにトレードされてからは短い周期でチームを転々とするようになったが、78年にはパドレスで21勝して最多勝となり、2回目のサイ・ヤング賞にも選ばれた。1983年、マリナーズとロイヤルズで7勝14敗に終わると、同年限りで引退した。
 22年間の通算成績は、登板試合777、投球回5350と3分の1、314勝265敗、セーブ11、防御率3.11、奪三振3534、完投303、完封53。獲得したおもなタイトルは、最多勝利3回、サイ・ヤング賞2回。1991年に野球殿堂入り。[山下 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペリーの関連情報