コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイ サイ Rhinocerotidae; rhinoceros

3件 の用語解説(サイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイ
サイ
Rhinocerotidae; rhinoceros

奇蹄目サイ科に属する動物の総称。ゾウに次ぐ大型の動物で,厚く硬い皮膚をもち,頭部に皮膚が角質化してできた角を1~2本もつ。草食性。多くの化石種が知られているが,現存する種はインドサイジャワサイ (以上イッカクサイ亜科) ,スマトラサイ (スマトラサイ亜科) ,シロサイ,クロサイ Diceros bicornis (以上ニカクサイ亜科) の5種のみである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サイ【psi】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイ
さい / 犀
rhinoceros

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目サイ科に属する動物の総称。この科Rhinocerotidaeの仲間は、東南アジア、アフリカの森林、湿地、サバンナに4属5種が分布している。いずれの種も、角(つの)を目的とした乱獲や密猟が原因で生息数が減少し、シロサイ以外は絶滅の心配がある。[祖谷勝紀]

形態

種により大きさは異なるが、ゾウに次ぎカバと並ぶ大形の陸上動物である。体長は2~4メートル、体高は1~2メートル、体重は1~3トンで、雌は雄より小形である。皮膚は厚く堅い。色は灰色、褐色、黒褐色などで、模様はない。体表は、耳の先端と尾端に毛があるのみで、そのほかの部分はほとんど無毛であるが、スマトラサイ(とくに若いもの)には全身にまばらに毛が生じる。前後肢とも指は3本で、先端はひづめで覆われている。耳はじょうご形で大きく、前、横、後ろに自由に動かすことができる。目は、左右両側に外方を向いて位置しているため、広い範囲を見ることはできるが、距離感覚は乏しい。尾は60~76センチメートルで、先端に太い毛房があり、ハエなどを追うのに役だっている。上唇の形は種類によって異なるが、いずれも器用に動き、草や小枝を引きちぎるのに役だつ。歯は、植物をすりつぶすための臼歯(きゅうし)が発達しているが、門歯や犬歯の発達が悪く、ない個体もある。歯式は

で、合計24~34本ある。
 サイの最大の特徴である角は、位置も組成も、ほかの動物の角とはまったく異質のものである。たとえばウシやキリンの角は、中心に頭骨の一部が突出した骨質部がある。シカの角は、頭骨の一部の突起を基座として、骨質のものが毎年形成されるものである。これらに対し、サイの角は骨とは一体化していない。頭骨と角は結合組織で結ばれているが、どちらかといえば、皮膚から角が生えていると考えるのがよい。角は、表面も中心もすべて同質のもので、毛に類似したものが、成長方向にぎっしりと寄り集まった状態になっている。出生直後から伸び始め、生涯成長を続ける。雌雄ともにあり、種類により、2本のニカクサイ(二角犀)と1本しかないイッカクサイ(一角犀)とがある。1本の場合は鼻骨の上に、2本の場合は、2本目は前頭骨の上にあり、1本目より小形である。角は、仲間との闘争や他種の動物との争いに役だてる。物に激突して角が根元からとれてしまうこともあるが、その場合もふたたび角が伸びてくる。[祖谷勝紀]

生態

シロサイ以外は群れをつくらず、単独か親子で生活する。日中は休息、睡眠し、夕方から朝までの間に活動する。シロサイは地面の草を主食とするが、そのほかの種類は樹葉がおもで、果実、草も食べる。大きな体と角を武器として備えているため、幼獣の場合以外は、敵となる動物は人間だけである。雄は尿を後方に飛ばして木などにかけ、縄張りの合図にすることもある。クロサイの走る速さは、時速45キロメートルの記録がある。4~7歳で性成熟する。妊娠期間は15~19か月と長い。普通は一度に1頭の子が生まれる。子はすぐに起立し、歩くことができる。3年ごとぐらいに出産するが、子は次の子が生まれるまで雌親と暮らす。寿命は40年ぐらいである。[祖谷勝紀]

種類


(1)ジャワサイRhinoceros sondaicus かつてはインドからマレー半島にかけても分布していたが、21世紀初頭ではジャワ島の国立公園に50~60頭とベトナムの国立公園に10頭足らずが残っているにすぎない(2002)。これはサイの仲間ではもっとも少数である。インドサイによく似ているが小形で、体高約1.75メートル。角は1本である。
(2)インドサイR. unicornis インドからネパールにかけての湿地帯に2400頭がいる(2002)。体高1.7~1.9メートル、体重2トンを超える。角は1本で、長さ57センチメートルという記録がある。皮膚が厚くて堅いため、身動きできるように、ひだになった部分があり、中世の西洋の鎧(よろい)のようにみえる。このため本種には、イッカクサイのほか、ヨロイサイという別名もある。
(3)スマトラサイDicerorhinus sumatrensis ミャンマー、タイ、マレー半島、スマトラ島、ボルネオ島の水に近い丘陵地の密林にすむ。約300頭ぐらいが残っていると考えられる。体高約1.45メートル。角は2本である。
(4)シロサイCeratotherium simum アフリカの草原に分布し、北部と南部で別の亜種として区別されている。キタシロサイC. s. cottoniは、中央アフリカのコンゴ民主共和国(旧ザイール)に分布するが、数は少ない。ミナミシロサイC. s. simumは、アフリカ南部に分布し、生息数も多く、絶滅の心配がもっとも少ないサイである。シロサイは、サイでは最大の種類で、体高1.85メートル、体重2.7トンにもなる。角は2本で、前角の最長記録は166センチメートル。10頭前後で群れをつくり、地上の草を主食としている。
(5)クロサイDiceros bicornis アフリカの東部から南部にかけて分布し、20世紀中ごろはサイのなかではもっとも生息数の多い種類であったが、密猟により激減し、20世紀末には約3000頭しかいなくなってしまった。体高1.4~1.7メートル。シロサイの上唇は横に広く平らになっているが、クロサイでは先が細くなって、木の枝を引き寄せて食べるのに都合よくなっている。[祖谷勝紀]

飼育

最古の記録は、シロサイが紀元前1世紀にアレクサンドリアで飼われたというものである。前11年にはローマのアウグストゥス皇帝へインドからインドサイが贈られた。日本への初渡来は1921年(大正10)6月で、大阪の天王寺動物園へスマトラサイ1頭が到着し、4年近く飼育された。国内で多く飼育されるようになったのは第二次世界大戦後のことで、当初はクロサイが輸入されたが、1970年代以降はシロサイが多くなった。[祖谷勝紀]

角と密猟

サイを絶滅に追いやっている最大の理由は、角をとるために行われている密猟である。サイの角は、昔から薬用および彫刻の材料として珍重されている。角の粉末は、解熱・催淫(さいいん)剤としての効力が信じられていた。古代中国などでは、角を材料として美しく彫刻を施したものが杯(さかずき)として使用された。20世紀後半にはアラブ地域で、短剣の柄(つか)にサイの角を使用することが流行しているために、多数の角が消費されている。サイは、希少動物の輸出入を規制した、いわゆるワシントン条約で対象種となっているため、日本でも1980年(昭和55)11月以降は輸入が禁止されている。[祖谷勝紀]
『今泉吉典監修『世界の動物 分類と飼育4 奇蹄目・管歯目・ハイラックス目・海牛目』(1984・東京動物園協会) ▽藤原英司著『死に絶える動物たち』(1990・JICC出版局) ▽ナスカ・アイ編『いま、野生動物たちは――地球の声のネットワーク』(1995・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイの関連キーワード水生動物動物保険ワラビー動物界サイ(犀)ゾウ(象)カサガイ(笠貝)バク(獏)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイの関連情報