シアトル・マリナーズ(読み)しあとるまりなーず(英語表記)Seattle Mariners

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シアトル・マリナーズ
しあとるまりなーず
Seattle Mariners

アメリカのプロ野球球団。アメリカン・リーグ所属(西地区)。フランチャイズをワシントン州シアトルに置き、セーフコ・フィールドを本拠地としている。
 2地区制の導入とともに両リーグで球団数の拡張が行われた1969年に新球団として発足したシアトル・パイロッツが、1年限りでミルウォーキーへ移転してブリュワーズとなり、シアトルに大リーグ球団は不在となった。その後、アメリカン・リーグの球団数拡張が行われた1977年に現名称で新球団として誕生し、西地区に配属された。家庭用レジャー機器メーカーの任天堂が1992年から資本参入。ルー・ピネラLou Piniella(1943― )が監督となった1993年に82勝80敗で初めて勝ち越しに成功した。両リーグ3地区制が導入された1994年からも西地区の所属。1995年には、好打者エドガー・マルチネスが2回目の首位打者となり、ケン・グリフィー・ジュニアも強打を発揮、また豪球左腕ランディー・ジョンソンが最優秀防御率と奪三振王の二冠でサイ・ヤング賞を受賞し、球団史上初の地区優勝。ディビジョン・シリーズでもニューヨーク・ヤンキースを降したが、クリーブランド・インディアンスに敗れてリーグ優勝はできなかった。1997年に2回目の地区優勝。グリフィーが本塁打と打点の二冠王となり最優秀選手(MVP)を受賞したうえに、強打の遊撃手アレックス・ロドリゲスも台頭し、強力打線を形成した。だが、ディビジョン・シリーズではボルティモア・オリオールズに勝てなかった。その後、1998年途中でジョンソン、7月に現本拠地が開場した1999年限りでグリフィー、2000年を最後にロドリゲスと主力を次々に放出。かわって、2000年から佐々木主浩(かづひろ)、2001年からイチローと日本人選手を加えた。2000年は佐々木が新人王となり、チームはワイルドカード(リーグごとに各地区優勝チーム以外の最高勝率チームに与えられるプレーオフ進出の権利)、2001年はイチローが新人王とMVPを同時受賞する活躍でチームは史上最多タイ記録となる116勝をマークして地区優勝した。しかし、両年ともヤンキースに勝てずリーグ優勝はできなかった。2003年は2位。翌2004年にはイチローがシーズン最多記録となる262安打を放ちひとり気を吐いたが、チームは63勝99敗と大きく負け越して最下位に終わった。[山下 健]

2005年以降

チームは低迷を続け、2005年、2006年ともに最下位に終わり、3年連続の最下位となった。なお、2006年には日本人初の捕手として城島健司(じょうじまけんじ)が福岡ソフトバンクホークスから移籍した。2007年は4年ぶりに勝率5割を超え、2位。なお、そのほか日本人選手では、長谷川滋利(しげとし)投手(2002~2005年)らがプレー。
 1969年から2011年までの通算成績は、2589勝2956敗、地区優勝3回、リーグ優勝0回、ワールド・シリーズ優勝0回。[編集部]
『ウインズ出版編・刊『シアトル・マリナーズ完全ガイド』(2001) ▽シアトル・ポスト・インテリジェンサー編『マリナーズ2001 メジャーリーグ最強のチーム偉大なる記録』(2002・誠文堂新光社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

シアトル・マリナーズ

《Seattle Mariners》MLB(メジャーリーグ・ベースボール)加盟のプロ野球チーム。略称はSEA。アメリカンリーグ西地区に所属。創設年は1977年。本拠地はアメリカ、ワシントン州シアトル、セーフコ・フィールド。2001年に新人賞、年間MVPを同時受賞するなど、輝かしい成績を持つ日本人選手、イチローが長年にわたり在籍したことでも知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シアトル・マリナーズの関連情報