コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルジャ Perugia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルジャ
Perugia

イタリア中部,ウンブリア州の州都。ペルジャ県の県都でもある。テベレ川上流域,標高 493mの丘上を占める。古くは Perusiaと記され,エトルリア 12同盟都市の一つであったが,前 310年にローマ人により占領された。 592年ランゴバルド領,1540年から教皇領となり,1860年サルジニア王国の一部となった。特に 15世紀にはウンブリア派と呼ばれる画家を輩出,自由都市として繁栄した。現在は農業,地方交通の中心をなし,機械,繊維,食品などの工業が行われ,特にチョコレートの生産で名高い。中世の城郭内には「十一月四日広場」があり,そこを中心として,大噴水,13~15世紀のプリオリ宮殿,14~15世紀に建設されたゴシック様式の大聖堂,ウンブリア派の絵画を集めた国立美術館などがある。人口 16万8169(2011推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ペルジャの関連キーワードサン・ベルナルディーノ祈祷所インノケンチウス3世ベネディクツス11世コンドッティエーリプレッツォリーニアウグスツスの門クレメンス5世ピントリッキオウルバヌス4世マルチヌス4世ピッコルパッソボンフィーリカッターネオアレティーノベネチアーノドゥッチオロレンツォペルジーノフォリニョビッラーニ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android