コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペレヤスラフ・フメリニツキー Pereyaslav‐Khmel’nitskii

世界大百科事典 第2版の解説

ペレヤスラフ・フメリニツキー【Pereyaslav‐Khmel’nitskii】

ウクライナのキエフ州の都市。1943年まではペレヤスラフPereyaslavないしペレヤスラブリPereyaslavl’とよばれた。人口3万0200(1991)。907年のビザンティン・ロシア条約に初めてその名が現れる。992年この地に要塞が建てられ,キエフ大公国の南方国境を守る重要な拠点となった。11世紀後半からペレヤスラフ公国の首都となるが,1239年モンゴル軍によって破壊された。16世紀後半からウクライナ・コサックの中心地の一つとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペレヤスラフ・フメリニツキーの関連キーワードユーリー・ドルゴルーキー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android