コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペレヤスラブリ公国 ペレヤスラブリこうこくPereyaslavskoe Knyazhestvo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペレヤスラブリ公国
ペレヤスラブリこうこく
Pereyaslavskoe Knyazhestvo

ロシアの封建公国。 (1) 11世紀中頃キエフ公国から分れてできた。ドネプル川左岸に位置し,ペレヤスラブリ (現ペレヤスラフフメリニツキー) を都とした。遊牧民に対する前線の役目を果したが,1239年モンゴルのバトゥの大軍によって滅ぼされた。 (2) 12~13世紀北東ロシアのペレヤスラブリ (現ペレスラブリザレスキー) を首都としてできた公国。初代の公はフセボロド大巣公 (在位 1176~1212) 。 1238年のモンゴル軍の侵入により蹂躙されたが,13世紀後半ドミトリー・アレクサンドロビッチ公がウラジーミル大公 (在位 76~94) となり,ペレヤスラブリを首都とするに及んで最盛期を迎えた。 1303年公家が断絶し,モスクワのダニール公の所領となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android