コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペンタメロン ぺんためろんPentamerone

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペンタメロン
ぺんためろん
Pentamerone

イタリアの民話作家バジーレがジャン・アレッシオ・アッバトゥーティスGian Alesio Abbatutisという筆名で著したナポリ方言の民話集。正式の書名は『物語のなかの物語、すなわち幼い者たちの楽しみの場』。没後1634~36年刊。10人の老婆が5日間にわたって民話を物語る体裁をとっているため、ボッカチオの『デカメロン』(十日物語)に倣って、『ペンタメロン』(五日物語)と一般にはよばれる。ストラパローラの16世紀の集成『楽しき夜ごと』に次いで、ヨーロッパにおける先駆的存在の民話集。ペロー、カルロ・ゴッツィなど、後世の民話文学に与えた影響も大きい。クローチェの現代語訳(1925)も名高い。[河島英昭]
『河島英昭編訳『カルヴィーノ イタリア民話集』二巻(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ペンタメロンの関連キーワード眠れる森の美女(ペローの童話)河島英昭バジレ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android