コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペール・ラシェーズ墓地 ペールラシェーズぼちCimetière du Père‐Lachaise

世界大百科事典 第2版の解説

ペールラシェーズぼち【ペール・ラシェーズ墓地 Cimetière du Père‐Lachaise】

フランス,パリ北東部の郊外に19世紀初頭につくられた三つの墓地のうちの一つ。他はモンパルナスモンマルトルの両墓地である。1626年以降イエズス会の所有となっていた近郊の丘を,パリ市が買収し墓地を造成した。その名称はこの地に住んでいたルイ14世の聴罪司祭に由来する。アベラールバルザックショパンドラクロア,ティエールら各界有名人の墓が存在するほか,パリ・コミューンの最後の戦闘で戦士が銃殺された壁(〈連盟兵の壁〉)が残されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペール・ラシェーズ墓地の関連キーワードアストゥリアス(Miguel Ángel Asturias)パリ・コミューン

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android