コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウショウ(芳樟) ホウショウ Cinnamomum camphora Presl var.nominale Hayata subvar.hosyo Hatusima

1件 の用語解説(ホウショウ(芳樟)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホウショウ【ホウショウ(芳樟) Cinnamomum camphora Presl var.nominale Hayata subvar.hosyo Hatusima】

クスノキ科の高木。クスノキの亜変種で,中国南部から台湾南東部に分布する。クスノキに比べて花も果実も小ぶりで,葉縁が波打つ点で異なる。また基本種のクスノキは,植物体にショウノウ(樟脳)を含むが,ホウショウではショウノウはほとんど含まず,その代りリナロールをクスノキの1.5倍含有する。枝葉を水蒸気蒸留すると約1%の精油が得られるが,この精油の中の30~70%がリナロールである。精油は品のよい香りで,高級な香料に使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のホウショウ(芳樟)の言及

【クスノキ(樟)】より

…そのほか家具,彫刻欄間,建築壁板,仏像などの彫刻,木魚,細工物,器具,古くは丸木舟の製作など広い用途がある。台湾にある亜変種ホウショウは形態的にはクスノキとほとんど異ならないが,ショウノウの代りにリナロールを多く含み,これは香料原料として高い価値をもつ。薬用にされるニッケイもクスノキの仲間である。…

【ショウノウ(樟脳)】より

…殺虫作用,医薬作用を利用するほか,ショウノウがニトロセルロースと固溶体をつくり可塑剤として優れた性質をもつこと,着色性がよいことが見いだされ,セルロイドやフィルムの製造に大量に用いられ,またニトロセルロース無煙火薬の製造など,工業原料としての重要性が生じてからは,天然ショウノウ採取のほか合成法が数多く提案され,工業化されている。
[製法]
 (1)天然ショウノウ 原料となるクスノキは亜熱帯性植物で,中国長江南部,インドシナ,台湾,日本南部に生育するホンショウ(本樟)と,台湾に産する変種ホウショウ(芳樟)がおもなものである。ホンショウにはアカグス,アオグス,ボケグスなどがある。…

※「ホウショウ(芳樟)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホウショウ(芳樟)の関連キーワード鹿子の木楠分限肉桂ばりばりの木ベイリーフ金釘の樹楠木楠隆光楠長諳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone