コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リナロール リナロール linalool

7件 の用語解説(リナロールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リナロール
リナロール
linalool

化学式 C10H18O 。エステルとして広く天然に存在するモノテルペンアルコール。D体,L体の2種が存在する無色の液体。L体は沸点 198℃,D体は沸点 198~200℃。水に不溶,アルコールエーテルに可溶。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リナロール(linalool)

スズランのような芳香のある無色の液体。芳樟(ほうしょう)油・黒文字(くろもじ)油などの主成分ベルガモット油ラベンダー油にはエステルとして含まれる。化粧品香料に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リナロール

化学式はC1(/0)H17OH。モノテルペンアルコールの一つ。リナロオールとも。スズラン様の芳香をもつ無色の液体で,遊離またはエステルとして天然に広く存在。
→関連項目ゲラニオールテルペン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

リナロール

 C10H18O (mw154.25).

 鎖状イソプレノイドの一つ.香り成分で,フレーバーとして利用される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リナロール【linalool】

代表的なテルペンアルコールの一つ。リナロオールともいう。3,7‐ジメチル‐1,6‐オクタジエン‐3‐オール。無色の液体で,比重d15=0.865,沸点198℃,引火点78℃。水に微溶,アルコールとプロピレングリコールに易溶,油に混和する。リナロールにはα形,β形があり,天然に産出するものはほとんどβ形である。また光学活性があり,l‐体(左旋性)はホウショウ(芳樟)油,ボアドローズ油,リナロエ油などに,d‐体(右旋性)はコリアンデル油に含有される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リナロール【linalol】

テルペンアルコールの一。分子式 C10H18O ラベンダー油・ベルガモット油など、多くの植物の精油中に含まれ、スズランのような芳香をもつ無色の液体。テレビン油または石油化学製品からも合成される。化粧品・食品香料に用いる。リナロオール。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リナロール
りなろーる
linalool

鎖状モノテルペンに属するアルコールの一つ。スズランに似た香気を有する無色の液体である。ブラジル産ボアドローズ油、台湾産芳油、国産芳樟(ほうしょう)葉油中に80%以上含有されており、これらから蒸留によって得られるリナロールは、それぞれ独特の香調を有している。合成リナロールはα‐ピネンより製造されるもの、アセトンとアセチレンとから製造されるもの、およびイソプレンから製造されるものであり、量的には合成リナロールが大半を占めている。各種調合香料に広く用いられる。また、ベルガモット油やラベンダー油の代用品として重要な酢酸リナリルの製造原料となる。さらに、ビタミンEの中間原料であるイソフィトールの合成原料としても大量に使用されている。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリナロールの言及

【バラ(薔薇)】より

…とくにダマスクバラは芳香がよく,現在でも用いられている。主成分としてはゲラニオールgeraniol,シトロネロールcitronellol,フェニルエチルアルコール,ネロールnerol,リナロールlinaloolなどを含む。種や品種によって芳香はさまざまに異なり,ローザ・モスカータは麝香(じやこう)に似た香り,ティー・ローズは紅茶の香り,また果実や薬味風の香りをもつもの,葉にニッケイのようなにおいのあるバラなどがあり,微量精油成分も少しずつ違う。…

【バラ(薔薇)】より

…とくにダマスクバラは芳香がよく,現在でも用いられている。主成分としてはゲラニオールgeraniol,シトロネロールcitronellol,フェニルエチルアルコール,ネロールnerol,リナロールlinaloolなどを含む。種や品種によって芳香はさまざまに異なり,ローザ・モスカータは麝香(じやこう)に似た香り,ティー・ローズは紅茶の香り,また果実や薬味風の香りをもつもの,葉にニッケイのようなにおいのあるバラなどがあり,微量精油成分も少しずつ違う。…

※「リナロール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リナロールの関連キーワードテルペンボルネオールゲステルシードボールペンToffyタッチペン&ボールペンぺんてるペンボールPentelオリザノールテルペンアルコールジテルペンアルコール

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リナロールの関連情報