コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホガール山地 ホガールさんちHoggar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホガール山地
ホガールさんち
Hoggar

別称アハガル Ahaggar。アルジェリア南部,サハラ楯状地の南にある山塊。先カンブリア時代の岩石から成る古い火山台地で,標高 900mをこえ,裸の岩峰がそびえる。標高 2918mのタハット山は同国最高峰。西側をナイジェリアのカノにいたる縦断道路が走る。一帯の住民はベルベル語系のトゥアレグ族

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のホガール山地の言及

【アハガル山地】より

…北アフリカ,アルジェリア南部のサハラ砂漠にある火山性の山地。ホガール山地Hoggar Plateauともいう。タハトTahat山(2918m)が最高峰。…

※「ホガール山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ホガール山地の関連キーワードタマンラセトサハラ砂漠

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android