ホスホチロシン

栄養・生化学辞典の解説

ホスホチロシン

 C9H12NO6P (mw261.17).

 チロシンのヒドロキシル基がリン酸エステル化された化合物で,インスリンのレセプターの特定のチロシンがインスリンとレセプターが結合した場合にリン酸エステル化されてホスホチロシンになる.このようなリン酸エステル化は,インスリンレセプター基質などにも見いだされている.チロシンリン酸化は細胞内信号伝達の重要な反応である.チロシンリン酸に特異性のある抗体によって,チロシンリン酸を含むタンパク質を容易に検出できる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android