コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホスホチロシン

1件 の用語解説(ホスホチロシンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ホスホチロシン

 C9H12NO6P (mw261.17).

 チロシンヒドロキシル基リン酸エステル化された化合物で,インスリンレセプターの特定のチロシンがインスリンとレセプターが結合した場合にリン酸エステル化されてホスホチロシンになる.このようなリン酸エステル化は,インスリンレセプター基質などにも見いだされている.チロシンリン酸化は細胞内信号伝達の重要な反応である.チロシンリン酸に特異性のある抗体によって,チロシンリン酸を含むタンパク質を容易に検出できる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホスホチロシンの関連キーワード石巻磐田十七夜東広島田代善吉元利親王モーツァルト:ピアノ協奏曲 第17番 ト長調/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調/piano soloシューベルト:ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone