コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソヒラタアブ Episyrphus balteatus

1件 の用語解説(ホソヒラタアブの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホソヒラタアブ【Episyrphus balteatus】

双翅目ショクガバエ(ハナアブ)科の昆虫(イラスト)。成虫は体長約11mm。胸背は光沢ある銅黒色,腹部は黄色で各節に2本の黒帯がある。全国に分布し,東京付近では成虫は3月から10月ころまで見られ,花に集まり吸みつする。成虫で越冬し,第1回目の産卵は早春3~4月ころに行い,10月ころまでに3回発生する。成虫の食物は花みつ,花粉,アブラムシの分泌液などである。卵はアブラムシの繁殖した寄主植物に産みつけられ約6日で孵化(ふか)する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone