コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホソヒラタアブ Episyrphus balteatus

世界大百科事典 第2版の解説

ホソヒラタアブ【Episyrphus balteatus】

双翅目ショクガバエ(ハナアブ)科の昆虫(イラスト)。成虫は体長約11mm。胸背は光沢ある銅黒色,腹部は黄色で各節に2本の黒帯がある。全国に分布し,東京付近では成虫は3月から10月ころまで見られ,花に集まり吸みつする。成虫で越冬し,第1回目の産卵は早春3~4月ころに行い,10月ころまでに3回発生する。成虫の食物は花みつ,花粉,アブラムシ分泌液などである。卵はアブラムシの繁殖した寄主植物に産みつけられ約6日で孵化(ふか)する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ホソヒラタアブの関連キーワード扁虻

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android