コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホプリタイ hoplitai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホプリタイ
hoplitai

古代ギリシアのポリスの重装歩兵。馬をもたないが武具を自弁するに足る富をもつ市民たちは,ホプリタイとして戦闘に参加した。青銅の兜,胸甲,すね当てをつけ,重い青銅の丸い楯が主要な防具で,鉄の短い剣や長い槍を使用した。密集隊を組めば射手や騎士の攻撃をも有効に退けられた。前5世紀末のアテネではホプリタイはソロンの4階級のなかのゼウギタイに相当するとみなされた。前8世紀末から成立した重装歩兵の密集戦術は貴族の騎兵戦術に取って代り,次第に貴族政から民主政へと政治体制を変えていく一因ともなった。 (→重装歩兵民主政 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホプリタイの関連キーワード武装と武具[古代ギリシア]貴族政[古代ギリシア]軍制[古代ギリシア]プラタイアイの戦いカイロネイアの戦いギリシア史[古代]ペロポネソス戦争サラミスの海戦マラトンの戦いイフィクラテスペルシア戦争デモステネスゲオモロイ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android