コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホモ・ソロエンシス ホモ・ソロエンシス

2件 の用語解説(ホモ・ソロエンシスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホモ・ソロエンシス
ホモ・ソロエンシス

ソロ人」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホモ・ソロエンシス
ほもそろえんしす
Homo soloensis

もっとも原始的なネアンデルターロイド(類ネアンデルタール人)と考えられる人類化石。1931~33年に中部ジャワのガンドンのソロ川岸でオランダ人技師のオッペンノートらが発見した。11個の頭骨よりなるが、すべて顔面や歯をもたない。頭蓋(とうがい)容量は1100~1250ミリリットル。眼窩(がんか)上隆起の突出は大きい。更新世(洪積世)後期と思われるが、年代は不詳。文化遺物は伴わない。原人と旧人の中間と考える学者もいる。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone