コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロ人 ソロじん Solo man

2件 の用語解説(ソロ人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロ人
ソロじん
Solo man

ホモ・ソロエンシス Homo soloensisともいう。ジャワ中部,ソロ川の河岸段丘で発見された化石人類。トリニール層の上方から,1931~33年に,C.ハールによって 11個の頭蓋と2個の脛骨が発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ソロじん【ソロ人 Solo man】

中部ジャワ,ガンドンのソロ河畔の上部洪積層から1931‐33年に発掘された人骨。少なくとも11体を数えるというが,どれも顔面部のない脳頭蓋で,人為的損傷もあり,食人の対象となった疑いがある。一般にはジャワのネアンデルターロイドと見なされているが,一部にピテカントロプスであると主張する研究者もある。脳容積は1035~1255ccで,ヨーロッパの典型的ネアンデルタール人よりは小さい。頭骨の側面輪郭からの観察では,前頭骨上の眼窩上隆起は上方に向かって,後方に強く倒れた額に移行し,かつ後頭骨は鋭角に屈曲しているので,全体としてピテカントロプスの輪郭を相似的に拡大しただけのような印象を与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソロ人の関連キーワードサミン運動ソロ川プカロンガンマランどんどん橋バジャワ暗殺のソロどんどん どんどんデマックジャワ種 (Java)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone