コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロ人 ソロじんSolo man

2件 の用語解説(ソロ人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソロ人
ソロじん
Solo man

ホモ・ソロエンシス Homo soloensisともいう。ジャワ中部,ソロ川の河岸段丘で発見された化石人類。トリニール層の上方から,1931~33年に,C.ハールによって 11個の頭蓋と2個の脛骨が発見された。 F.ワイデンライヒの研究によると,これらはどれもよく似た形態をもっており,同一の集団に属するものと考えられる。頭蓋は長く,一般に骨は厚く,眼窩上隆起が発達し,項筋の付着部が突出し,乳様突起も大きい。脳容量は平均 1100cm3と報告されている。ワイデンライヒらは,この人骨群を原人から旧人への移行段階と考えた。時代は,多量に伴出した哺乳類化石によって後期更新世と考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソロじん【ソロ人 Solo man】

中部ジャワ,ガンドンのソロ河畔の上部洪積層から1931‐33年に発掘された人骨。少なくとも11体を数えるというが,どれも顔面部のない脳頭蓋で,人為的損傷もあり,食人の対象となった疑いがある。一般にはジャワのネアンデルターロイドと見なされているが,一部にピテカントロプスであると主張する研究者もある。脳容積は1035~1255ccで,ヨーロッパの典型的ネアンデルタール人よりは小さい。頭骨の側面輪郭からの観察では,前頭骨上の眼窩上隆起は上方に向かって,後方に強く倒れた額に移行し,かつ後頭骨は鋭角に屈曲しているので,全体としてピテカントロプスの輪郭を相似的に拡大しただけのような印象を与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ソロ人の関連キーワード新人新人ホモ・サピエンス経済人神人新人人類ホムンクルスホモフォニー葛生人

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone