ホリールード宮殿(読み)ホリールードキュウデン

世界の観光地名がわかる事典の解説

ホリールードきゅうでん【ホリールード宮殿】

イギリスのスコットランドの首都エディンバラ(Edinburgh)旧市街にある英王室の宮殿。◇正式名称は「ホリールードハウス宮殿」(The Palace of Holyroodhouse)。エリザベス女王(エリザベス2世)が毎年夏のスコットランド滞在中に利用する宮殿として知られる。エディンバラがスコットランドの首都となった15世紀ごろ、1128年にデイヴィッド1世が建てたキリスト教会の廃墟跡に宮殿が建てられ、スコットランドの王宮となった。エリザベス1世(Elizabeth I、1533~1603年3月24日)のライバルだったスコットランド女王のメアリー・スチュアート(Mary Stuart、1542~1587年)は、1566年、この城で殺害された。宮殿の3階には、メアリーの寝室が残されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホリールード宮殿の関連情報