コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホリールード宮殿 ホリールードキュウデン

2件 の用語解説(ホリールード宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ホリールード‐きゅうでん【ホリールード宮殿】

Palace of Holyrood》⇒ホリールードハウス宮殿

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ホリールードきゅうでん【ホリールード宮殿】

イギリスのスコットランドの首都エディンバラ(Edinburgh)旧市街にある英王室の宮殿。◇正式名称は「ホリールードハウス宮殿」(The Palace of Holyroodhouse)。エリザベス女王(エリザベス2世)が毎年夏のスコットランド滞在中に利用する宮殿として知られる。エディンバラがスコットランドの首都となった15世紀ごろ、1128年にデイヴィッド1世が建てたキリスト教会の廃墟跡に宮殿が建てられ、スコットランドの王宮となった。エリザベス1世(Elizabeth I、1533~1603年3月24日)のライバルだったスコットランド女王のメアリースチュアートMary Stuart、1542~1587年)は、1566年、この城で殺害された。宮殿の3階には、メアリーの寝室が残されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホリールード宮殿の関連キーワードスコットランドヤードエコセーズスコット記念碑ロイヤルマイルスコットランド室内管弦楽団エディンバラ祭りエディンバラミリタリータトゥースコットランド風エディンバラの旧市街と新市街

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone