コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルン信号

デジタル大辞泉プラスの解説

ホルン信号

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第31番(1765)。原題《Mit dem Hornsignal》。名称はホルンによる軍楽風のリズムが現れることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ホルンしんごう〔‐シンガウ〕【ホルン信号】

《原題、〈ドイツ〉Mit dem Hornsignalハイドンの交響曲第31番ニ長調の通称。1765年作曲。通称はホルンによるファンファーレに似た旋律が用いられていることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android