コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッシュ ブッシュ Busch, Adolf (Georg Wilhelm)

16件 の用語解説(ブッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッシュ
ブッシュ
Busch, Adolf (Georg Wilhelm)

[生]1891.8.8. ジーゲン
[没]1952.6.9. バーモントギルフォード
ドイツ生れのバイオリニスト,作曲家。ケルン音楽院卒業後,バイオリン独奏者として名を揚げた。 1919年ブッシュ弦楽四重奏団を組織し,さらにブッシュ室内管弦楽団を創立。ベートーベンブラームスの作品の演奏にすぐれ,ともに世界一流の室内楽団として名声を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブッシュ
ブッシュ
Busch, German

[生]1904.3.23. サンハビエル
[没]1939.8.23. ラパス
ボリビアの軍人,政治家。パラグアイとのチャコ戦争で勲功を立て,1937年クーデターで政権を掌握。翌年民選され大統領として民族主義路線を遂行したが,39年在任中に謎の死をとげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブッシュ
ブッシュ
Busch, Julius Hermann Moritz

[生]1821.2.13. ドレスデン
[没]1899.11.16. ライプチヒ
ドイツのジャーナリスト,著述家。アメリカパレスチナエジプトギリシアを旅行して旅行記を残した。 1866年プロシア政府に入り,70年ビスマルクの報道官となって普仏戦争に従軍。主著『ビスマルク伯とその部下』 Graf Bismarck und seine Leute (1878) ,『われらの宰相』 Unser Reichskanzler (84) ,『ビスマルクとその業績』 Bismarck und sein Werk (98) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブッシュ
ブッシュ
Busch, Wilhelm

[生]1832.4.15. ウィーデンザール
[没]1908.1.9. メヒツハウゼン
ドイツの詩人,風刺画家。ショーペンハウアーペシミズムの影響を受けた。『マックスモーリッツ』 Max und Moritz (1865) ,『パドバの聖アントニウス』 Der Heilige Antonius von Padua (70) ,『信心深いヘレーネ』 Die fromme Helene (72) などの詩画集があり,芸術的なカリカチュアと警句を通して,市民社会の俗物性を暴露した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブッシュ
ブッシュ
Bush, George Herbert Walker

[生]1924.6.12. マサチューセッツミルトン
アメリカの政治家。第 41代大統領 (在任 1989~93) 。エール大学卒業。石油会社の重役を経て 1966年連邦下院議員に当選,71~72年国連大使,73~74年共和党全国委員会議長を歴任し,74~75年北京駐在連絡事務所所長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ブッシュ
ブッシュ
Bush, George W.

[生]1946.7.6. コネティカットニューヘーブン
アメリカ合衆国の政治家。第43代大統領(在任 2001~09)。第41代大統領ジョージ・H.W.ブッシュの長男として生まれる。1968年エール大学卒業,1968~73年テキサス州軍航空隊で戦闘機の操縦士を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブッシュ(bush)

低木。低木の茂み。やぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ブッシュ

ドイツのバイオリン奏者,作曲家。ケルンとボンでバイオリン・指揮・作曲を学び,16歳でレーガーに認められる。1919年ブッシュ弦楽四重奏団を組織し,のちロンドンでブッシュ室内管弦楽団を結成。

ブッシュ

ドイツの画家,詩人。ハノーファー近郊のビーデンザール生れ。油絵もあるが素描,漫画にすぐれ,自作の詩や言葉につけた漫画や絵物語《マックスとモーリッツ》(1865年)で知られる。

ブッシュ

米国の政治家。第41代大統領(1989年―1993年)。イェール大学卒業後,設立した石油会社が成功。1966年共和党から出馬して下院議員となり,国連大使,中国連絡事務所長,CIA中央情報局)長官を歴任した。
→関連項目アメリカ自由貿易圏SDI共和党日米構造協議

ブッシュ

米国の政治家。第43代大統領。第41代大統領G.H.W.ブッシュの長男。テキサス州生れ。ハーバード大学を出て郷里で石油事業などに従事し,1994年共和党からテキサス州知事選挙に出馬し当選,1998年再選。
→関連項目アメリカ合衆国NMDケリーサブプライムローン問題

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ブッシュ【Adolf Busch】

1891‐1952
ドイツのバイオリン奏者,作曲家。ケルン音楽院でバイオリンを,ボンで作曲を学ぶ。16歳のときM.レーガーに認められ,のちにレーガーの室内楽作品の優れた演奏を行った。1919年にブッシュ弦楽四重奏団を結成,とくにベートーベン後期の弦楽四重奏曲の卓越した解釈で知られた。30年代後半にはイギリスで,バッハヘンデルの演奏を中心とするブッシュ室内管弦楽団を組織するほか,弟のチェロ奏者ヘルマンHermann B.(1897‐1975),ピアニストのR.ゼルキンとともにトリオを結成するなど,室内楽の分野で他の追随を許さぬ活動を展開した。

ブッシュ【Vannevar Bush】

1890‐1974
アメリカの電気工学者。第2次世界大戦中の科学動員,なかでも原爆開発を指揮した科学行政官として著名。マサチューセッツの牧師の家に生まれる。タフト大学修了後,1913年GE(ゼネラルエレクトリック)社に,14年海軍に勤める。14年から17年にタフト大学で教鞭をとる。第1次世界大戦中は海軍で潜水艦用部品の開発に従事。19年MIT(マサチューセッツ工科大学)の助教授,23年同教授となり,32年には工学部長,副学長をつとめる。

ブッシュ【Wilhelm Busch】

1832‐1908
ドイツの詩人,画家,漫画家。ハノーファーの雑貨商の長男に生まれ技師を目ざして工学学校に入学したが,画家にあこがれ,デュッセルドルフアントワープミュンヘンに絵を学んだ。しかしルーベンステニールスの作品やミュンヘン画壇の歴史画に圧倒され画家を断念,芸術家グループ〈若いミュンヘン〉に参加,絵入りユーモア週刊誌《フリーゲンデ・ブレッター》などに戯画に詩をそえた物語を書いて成功した。2人のいたずら小僧を描いた《マックスとモーリツ》(1865),《敬虔なヘレーネ》(1872),《クノップ夫妻》(1876)などで,小市民的道徳と人間衝動の矛盾およびそれによって暴露される俗物の偽善を風刺したが,彼の本質はダーウィン主義とショーペンハウアー的ペシミズムの結合に基づく諦念にあり,社会批判にまでは至らなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ブッシュ【Busch; bush】

やぶ。茂み。叢林そうりん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

ブッシュ

1890-1974.米国マサチューセッツ州生まれ.電子工学者,科学行政官僚.大学教員を歴任後,1938年,ワシントンカーネギー研究所(Carnegie Institution of Washington)所長に就任.この間,アナログ電子計算機や文献検索システムであるラピッドセレクター(Rapid Selector)を開発した.1941年,連邦政府の科学研究開発局(Office of Scientific Research and Development)局長に就任.マンハッタン計画の統括など,第二次大戦中の米国科学技術政策を指導した.1945年の論文“As We May Think”(人の思考のように)では,発達した科学技術を用いて情報の社会的蓄積・流通を円滑にする構想を発表.この論文には仮想的な個人用情報管理システムであるメメックス(Memex)の提案とハイパーテキストの原型となる着想が含まれており,これらが後年のパーソナルコンピュータやワールドワイドウェブ(World Wide Web)の開発を先導したといわれている.1950年,全米科学財団NSF)の創設でも指導的役割を果たした.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブッシュの言及

【登山】より

… ビバークbivouac予定外の所でする露営。 ブッシュbushやぶ。 ベルクシュルントBergschrund[ドイツ]雪渓や氷河の氷と山側の岩壁との間の割れ目をいう。…

【マンハッタン計画】より

…ただしこの研究は,天然ウラン石墨を利用した遅い中性子による連鎖反応であって,後の原爆に直接つながるものではない。このころ,アメリカ政府は,ヨーロッパ戦線の拡大のなかで戦時体制を整え,40年6月27日にV.ブッシュを責任者とする〈科学動員のための組織・国防研究会議〉(略称NDRC)を設立した。先のウラニウム諮問委員会はこのNDRCの1委員会となる。…

【絵本】より

…1960年代に入るとキーピングCharles Keeping,ワイルドスミスBrian L.Wildsmithが目もさめるような華麗で独創的な手法をみせ,多血質で騒々しいブリッグズRaymond Briggs,それぞれに違ったコミックな画風のバーニンガムJohn BurninghamとオクセンバリーHellen Oxenburyなどが現れ新風をおくる。
[ドイツ]
 ドイツでは早くから民衆的な親しみをただよわせるリヒターLudwig Richter(1803‐84)によるベヒシュタインやグリムの挿絵本があり,ほかに詩人W.ブッシュの漫画絵本《マックスとモーリッツ》(1865)や,きわめて生活的な教訓にみちたホフマンHeinrich Hoffmann(1809‐94)の《もじゃもじゃペーター》(1848)が,世界的な影響をあたえた。このころはドイツの安い石版印刷が世界市場にはんらんした時代である。…

※「ブッシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブッシュの関連キーワードハノーバー漫画家ノーファーストユーズハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団ファーファファーファ Spaハノーファー王国ハノーファー家ハノーファーシュ・ミュンデン丘サーファー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブッシュの関連情報