コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーン Coen, Jan Pieterszoon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーン
Coen, Jan Pieterszoon

[生]1587.1.8. ホールン
[没]1629.9.21. ジャカルタ
オランダ領東インド建設初期の主要人物。オランダ東インド会社の第4代および第6代総督。植民の根拠地ジャカルタを獲得してオランダ植民地経営の基礎を築いた。マタラム王国に攻撃され,防戦中病死。

クーン
Kuhn, (Franz Felix) Adalbert

[生]1812.11.19. ケーニヒスベルク
[没]1881.5.5. ベルリン
ドイツの言語学者,神話学者。インド=ヨーロッパ語族の比較研究を基礎とする先史研究,比較神話学の研究に貢献した。『印欧諸民族の最古の歴史』 Zur ältesten Geschichte der indogermanischen Völker (1845) などの著書がある。また,1852年『印欧語比較研究誌』 Zeitschrift für vergleichende Sprachforschung auf dem Gebiete der indogermanischen Sprachen (略称 KZ,第 101巻〈1988〉から Historische Sprachforschungと改称) を創刊した。

クーン
Kuhn, Helmut

[生]1899.3.22. リュベン
[没]1991.10.2.
ドイツの哲学者,美学者。 1947年アメリカのエモリィ,49年ドイツのエルランゲン,52年ミュンヘン各大学教授。 57~62年ドイツ哲学会長。哲学的には生の哲学から出発し,実存哲学の立場に立つ。美学的には「芸術作品の祭礼性」 Die Festlichkeit des Kunstwerksの概念を提唱している。主著"Die Kulturfunktion der Kunst" (2巻,1931) ,"Sokrates-Versuch über den Ursprung der Metaphysik" (34) ,"Begegnung mit dem Nichts-ein Versuch über Existenzphilosophie" (50) ,"Begegnung mit dem Sein" (54) ,"Wesen und Wirken des Kunstwerkes" (60) ,"Traktat über die Methode der Philosophie" (66) 。

クーン
Kuhn, Richard Johann

[生]1900.12.3. ウィーン
[没]1967.8.1. ハイデルベルク
ドイツの有機化学者。ウィーン大学卒業。ミュンヘン大学で R.ウィルシュテッターについて学び (1919~22) ,ポルフィリン系酵素の研究で学位を取る。ミュンヘン大学 (25) ,チューリヒのスイス連邦工科大学 (26) に勤務したのち,ハイデルベルク大学教授およびカイザー・ウィルヘルム医薬研究所化学部長 (29) ,同所長 (37) 。第2次世界大戦後マックス・プランク医薬研究所と改称されたのちも,そのまま所長として活躍した。カロテノイドと酵素の研究,ビタミン B2 の結晶単離と合成,ビタミンAの合成,下等藻類の性決定物質,サルファ剤の機序,人乳中の多糖類など天然物の構造決定など,独創的な業績をあげた。 1938年ノーベル化学賞受賞が決ったが,ナチス政権の妨害で辞退し,第2次世界大戦後に賞状とメダルを受取った。

クーン
Kuhn, Thomas S.

[生]1922.7.18. オハイオ,シンシナティ
[没]1996.6.17. マサチューセッツ,ケンブリッジ
アメリカ合衆国の科学史家。フルネーム Thomas Samuel Kuhn。1946年ハーバード大学で物理学の修士号,1949年同大学で科学史の博士号を取得。1951~56年ハーバード大学,1956~64年カリフォルニア大学バークリー校,1964~79年プリンストン大学,1979~91年マサチューセッツ工科大学 MITで科学史と科学哲学を講じた。『科学革命の構造』The Structure of Scientific Revolutions(1962)で科学の進歩を連続的ととらえる従来の科学史観に疑義を呈し,科学は科学革命(パラダイムの転換)と,パラダイムを規範として進歩する通常科学を繰り返しながら進歩すると提唱。同書は科学史の解釈や科学方法論に変革をもたらす一方で学界に波紋を広げ,歴史・哲学分野で 20世紀に最も影響力をもった業績の一つにあげられる。クーンのパラダイム論は学問の認識の枠組みを対象にするものとして,政治学,経済学,社会学,経営学など,さまざまな分野に影響を与えた。ほかの著作に『コペルニクス革命――科学思想史序説』The Copernican Revolution(1957),『本質的緊張――科学における伝統と革新』The Essential Tension(1977), "Black-Body Theory and the Quantum Discontinuity"(1978)などがある。

クーン
Coon, Carleton Stevens

[生]1904.6.23. マサチューセッツ,ウェイクフィールド
[没]1981.6.3. マサチューセッツ,グロスター
アメリカの人類学者。 1928年にハーバード大学で学位を取得し,同大学で人類学を講じたあと,48年にペンシルバニア大学教授となり,63年に引退するまで同大学付属博物館の館長をつとめた。この間に北アフリカ,西アジア,南アメリカでフィールドワークを行い,マスメディアを通じての人類学の普及にも努力した。主著に『人種』 Race (1950) ,『人種の起源』 The Origin of Races (62) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

クーン

ドイツの有機化学者。ウィーン生れ。ウィルシュテッターに学び,1926年チューリヒ工科大学教授,1929年ハイデルベルク大学教授,1937年カイザー・ウィルヘルム協会医学研究所長。

クーン

米国の科学史家。ハーバード大学卒。マサチューセッツ工科大学教授。1962年に《科学革命の構造》で,学術体制の変化を構造的に理解するためのキーワードとして〈パラダイム〉概念を提唱,科学史のみならず,社会科学全般に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クーン【Jan Pieterszoon Coen】

1587‐1629
オランダ東インド会社の第4代(1619‐23)および第6代(1627‐29)の総督。オランダのホールンに生まれ,1607‐10年東洋航海に参加し,13年には商務員として再び渡航して,モルッカ諸島などでスペイン,ポルトガル勢力の駆逐につとめた。初代総督ピーテル・ボートは彼を諸商館貿易事務総長の要職に任じ,17年には総督に内定していたが,18年から翌年にかけてジャカルタにあったオランダ東インド会社の要塞(のちにバタビア城と呼ばれる)がイギリスと地元バンテン王国との連合軍の包囲を受け,オランダは重大危機に直面した。

クーン【Richard Johann Kuhn】

1900‐67
ドイツの有機化学者。ウィーン生れ。ミュンヘン大学でR.ウィルシュテッターに学び,1926年チューリヒ工科大学教授,29年ハイデルベルク大学教授,37年カイザー・ウィルヘルム医学研究所長。天然物化合物,とくに動植物界に広く存在する色素カロチノイド類およびビタミンの研究で成果をあげ,38年ノーベル賞が与えられた。しかし当時のナチスの妨害で受けられず,第2次大戦後になって受賞した。カロチノイドが共役二重結合の長鎖をもつことに着目して,ジフェニルポリエンなど各種のポリエンを合成し,それらの色を比較した。

クーン【Thomas Samuel Kuhn】

1922‐96
アメリカの科学史家。ハーバード大学で物理学の学位をとった後科学史に転じ,カリフォルニア大学(バークリー),プリンストン大学を経てマサチューセッツ工科大学(MIT)教授。彼の名を有名にしたのはパラダイム概念を駆使した1962年の《科学革命の構造》で,そこで彼はパラダイムを〈広く人々に受け入れられている業績で,一定の期間,科学者に,自然に対する問い方と答え方の手本を与えるもの〉と定義した。この言葉は1960年代以降の学問の問い直しが迫られる知的状況のなかで,広く学問論や学術体制論の基本を問うためのキーワードとして受け入れられただけでなく,政治路線や体制を意味するまでに拡張解釈して用いられるようになり,学界,思想界に大きな影響を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クーン【Kuhn】

〔Richard K.〕 (1900~1967) ドイツの化学者。有機合成を研究、ビタミン B2 ・ A の合成など多方面に業績をあげた。
〔Thomas Samuel K.〕 (1922~1996) アメリカの科学史家。科学理論・思想の転換を説明するものとしてパラダイムの概念を提出。著「科学革命の構造」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

クーン


キューンをも見よ。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

世界大百科事典内のクーンの言及

【オランダ領東インド】より

…やがて東インドに来航する船は激増し,各地の航海会社間の競争を解消するために,1602年にオランダ東インド会社が設立された。バンテン王国の藩属国ジャカルタは良港であったため,イギリス,オランダ両国の争奪の的となり,イギリス・バンテン連合軍はオランダの要塞を19年に包囲したが,第4代オランダ東インド総督J.P.クーンはこれを守り通し,正式にこの地をバンテン王から譲り受けてバタビアと改称した。クーンはモルッカ諸島の香辛料貿易にも進出し,バンダ諸島の原住民を殺したり移住させたりしてニクズクの収穫をほとんど独占した。…

【バンダ[諸島]】より

…16世紀のバンダ諸島の人口は1万5000人と推定される。99年にオランダ船が初めて訪れ,同じころイギリス船も現れて勢力争いが始まり,1621年2月,みずから艦隊を率いてバンダ諸島に赴いたオランダ東インド総督クーンは島を次々に占領し,住民を強制移住または全滅させた後,オランダ人を入植させてニクズクを栽培させた。そして収穫を一定価格で会社が買い取る制度が1864年まで続いた。…

【科学革命】より

… 以上の意味での科学革命は英語では大文字でScientific Revolutionと書かれる固有名詞であって,歴史上起こった1回限りの現象である。それに対してT.クーンは,その《科学革命の構造》(1962)において,小文字・複数の科学革命,つまり一般名詞に定義しなおした。彼によれば,科学者たちはあるパラダイムのもとに通常科学の伝統を開き,その伝統の中で変則性が多く認められるようになると危機が生じ,やがて別のパラダイムによってとって代わられて科学革命が起こる,とする。…

【科学史】より

…ハンソンは,科学を支える客観的データの神話を壊すとともに,これまで自明とされてきた他の知識体系に対して科学のもつ独自的特権性という考え方そのものにもくさびを打ち込んだ。それを受け継いだのがT.クーンでありP.K.ファイヤアーベントであった。クーンは《科学革命の構造》(1962)によって,科学の連続的な進歩の前提を覆し,科学それ自体のなかに内包される自律的発展機構の存在を否定することによって,〈内部史〉と〈外部史〉の区別を乗り越えるとともに,歴史記述法historiographyの問題にも重要な衝撃を与えた。…

【科学哲学】より

…すなわち,われわれにとって純粋で中立的な観察というものは元来ありえず,すべてはすでに現に存在している理論や解釈によって汚染されているのであり,したがって,科学革命というものも,新しい観察の出現によってなされるというよりは,むしろその時代の理論的パラダイムの転換によってなされると考えるべきであるということになる。この話題ではT.クーン,ハンソンR.Hanson,ファイヤアーベントなどの業績が大きい。(3)決定論と自由の問題も一つの重要テーマである。…

【社会科学】より

…最後に歴史学は,人文学と社会科学にまたがる広大な学問で,社会科学に属する部門は経済史,政治史,社会史,法制史などとして,それぞれの個別社会科学の歴史部門を構成する。 社会科学はこれまで,科学史家のT.S.クーンが自然科学に関して考えたような〈パラダイム〉,すなわち競合しあう諸学説をしりぞけて当該分野のすべての研究者の支持を集め,かつ当該分野のあらゆる問題を解決することのできるほどの包括性をもった学説というものを有してはこなかった。その理由は社会科学の未成熟に求められてきたけれども,一つの事象にアプローチする際の根底をなす人間観,社会観,歴史観さらには学問観といったものが,社会科学の発生以来今日まで終始統一されず,複数個のものが併存しつづけてきたというのが実情であって,これを未成熟というならば社会科学は今後ともずっと未成熟の状態から離脱することは困難なのではないかと思われる。…

【パラダイム】より

…近代英語の用法では,とくにラテン語などの名詞や動詞の語型変化を記憶する際の〈代表例〉――例えば定形動詞の変化として“愛する”のamoを用いて,amo,amas,ama,……という人称変化や時制変化,モード変化を記憶する――の意味で用いられることが多かった。しかし1962年,T.S.クーンの《科学革命の構造》が発刊され,そのなかで,クーンはこの言葉に新しい特定の意味を与えて使い,この用法が非常な普及を見せたため,それ以降〈パラダイム〉は,欧米でも日本でも(ときに〈範型〉〈範例〉と訳されるが,通常はこの片仮名書きが多用されている),クーンの意味によることになった。 クーンの〈パラダイム〉は,科学の歴史や構造を説明するために持ち込まれた概念で,ある科学領域の専門的科学者の共同体scientific communityを支配し,その成員たちの間に共有される,(1)ものの見方,(2)問題の立て方,(3)問題の解き方,の総体であると定義できよう。…

※「クーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クーンの関連キーワードロング・アンド・サブスタンシャル・タイプチェース・マンハッタン・コーポレーションポール・カール ファイヤアーベントチェース・マンハッタン銀行[会社]トーマス‐ライヒェ‐クーンの総和則P.M. ワールブルクウイルヘルム ガイガーハリー・W. クーンファイヤアーベントクーン=ローブ財閥パラダイム論論争ラーンナータイベルン交響楽団ビフィズス因子共約不可能性ワールブルクモルガン財閥アルプス人ビタミンBクーン主義

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クーンの関連情報