コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノサック ノサック Nossack, Hans Erich

6件 の用語解説(ノサックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノサック
ノサック
Nossack, Hans Erich

[生]1901.1.30. ハンブルク
[没]1977.11.2. ハンブルク
西ドイツの小説家。富裕な貿易商の家に生れる。イェナ大学を中退,共産党に入党したが,ナチス政権時代には身を守るために父の商社で働いていた。 1943年ハンブルク大空襲のために書きためた草稿を焼失し,一切の過去を失ったと自覚,その体験は,47年の『死者への手向け』 Nekyia. Bericht eines Überlebenden,48年の短編集『死とのインタビューInterview mit dem Todeに投影している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノサック(Hans Erich Nossack)

[1901~1977]ドイツの小説家。シュールレアリスム的な幻想世界を描く。作「おそくとも11月には」「」「死神とのインタビュー」「幸福な人間」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノサック

ドイツの作家。ハンブルクの貿易商の子で,各種の職業を経験。早くから書きためた原稿を1943年の大空襲で焼失。短編集《死神とのインタビュー》(1948年)がサルトルに注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノサック【Hans Erich Nossack】

1901‐77
ドイツの作家。ハンブルクの富裕な貿易商の家の生れ。青年時代に左翼思想への共鳴と反ファシズムの立場から2度にわたり共産党に入党。このためナチス時代には数次の家宅捜索を受けた。第2次大戦中は商人としての生活に逃げ込んで暮らす。1943年7月連合国軍のハンブルク大空襲で蔵書や書きためた原稿のすべてを焼失。このときの〈いっさいの過去を失った体験〉をのちに書き綴った記録が《没落》(1961)である。短編集《死神とのインタビュー》(1948)がサルトルの雑誌に取り上げられ,フランスで評価を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ノサック【Hans Erich Nossack】

1901~1977) ドイツの作家。独白調の文体で、シュールレアリスム風の世界を描き、閉塞した現実からの脱出を目指す。短編「死神とのインタビュー」、短編集「螺旋」、「幸福な人間」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノサック
のさっく
Hans Erich Nossack
(1901―1977)

ドイツの小説家。ハンブルクの貿易商の家に生まれ、大学で哲学と法律を学ぶ。工場労働者や商店員などを転々としたのち、父の商社を継ぐ。早くから戯曲や詩を手がけたが、発表の機会なく、1943年のハンブルク大空襲で原稿をすべて焼失。廃墟(はいきょ)での体験をつづった『死者へのたむけ』(1947)、『死とのインタビュー』(1948。のち『ドロテーア』と改題)がサルトルに注目され、まずフランスで、のちドイツでも認められ、文壇に登場。56年以降、亡くなる直前まで文筆に専念。
 代表作は長編『遅くとも11月に』(1955)、『弟』(1958)、短編集『螺旋(らせん)』(1956)などで、繁栄を続ける旧西ドイツ社会の不毛な精神状況に絶望した孤独な個人の、新しい可能性を求めて未知の世界へ脱出する試みが、シュルレアリスム風の幻想を交えてつづられる。晩年の長編『幻の勝利者に』(1969)、『盗まれたメロディー』(1972)では、「向こう側」の世界で挫折(ざせつ)して帰り、敗残者として生きる「再亡命者」の消息に、人間存在の可能性を追求している。ほとんどの作品が「報告」「記録」の形式をとり、劇的な筋立てはない。たとえば『わかってるわ』(1964)のように全編瀕死(ひんし)の娼婦(しょうふ)のモノローグで終始するなど、単調かつ素朴な構成が共通している。ほかに『最後の反乱の後に』(1961)、『ダルテス事件』(1968)、『待機』(1973)、『幸福な人』(1975)など。[山本 尤]
『川村二郎他訳『影の法廷――ドロテーア』(1979・白水社) ▽中野孝次訳『弟』(『世界文学全集21 20世紀の文学』所収・1965・集英社) ▽中野孝次訳『盗まれたメロディー』(1974・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノサックの関連キーワードハンブルマリエンブルク城レーベンブルク城エーデンブルクハンブルク交響楽団ハンブルク州立フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・フィルハーモニカーハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団ハンブルク・バレエ団ローテンブルク岩

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノサックの関連情報