コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロムイソウ(幌向草) ホロムイソウScheuchzeria palustris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホロムイソウ(幌向草)
ホロムイソウ
Scheuchzeria palustris

ホロムイソウ科の多年草。北半球に広く分布し,日光,尾瀬ヶ原以北の本州,北海道にみられる。高層湿原,沼沢地に生える。根茎は長くはい,節から少数の長い根を出す。葉は多くは根生し,細長い半円柱形で長さ 10~35cm,先に小孔があり,下部は葉鞘となって内側の葉を包むか茎を抱く。葉鞘の縁は白く厚膜質,先は3~5mmの葉舌となる。花期は6~7月。花茎は無毛で長さ 12~20cm,少数の葉がつき,黄緑色の数花を総状につける。花柄は花時は2~4mm,果時には6~22mmになる。和名は発見地である北海道の幌向にちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android