ホワイトペパー(読み)ほわいとぺぱー(英語表記)white pepper

翻訳|white pepper

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホワイトペパー
ほわいとぺぱー
white pepper

白こしょうのこと。多年性つる植物コショウの実を、暗赤褐色または黒色に十分熟させてから摘み取り、10日から2週間貯水槽や緩やかな流れの小川に浸漬(しんし)して表皮を柔らかくし、外皮を除き、天日乾燥して仕上げるもの。未熟な実を乾燥させて外皮をつけたままのブラックペパーに比べ、香りも辛味も上品で、ホワイトソース、クリームシチューなど色の白い料理にあう。[齋藤 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android