コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーブゴーデン Hovgården

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーブゴーデン
Hovgården

スウェーデン中東部,メーラレン湖上のアデルスユー島にあるバイキング全盛時代の王宮遺跡。南に位置するビョルケー島のビルカがバイキングによる世界交易の拠点都市として栄華をきわめた9~10世紀中期,王宮所在地として活況を呈した。 10世紀末ビルカが急速に衰退し消滅したのちも政治の中心地となっていたが,14世紀にストックホルムに取って代わられた。周辺では王族や有力者たちの墓や礼拝堂などが発掘されている。 1993年ビルカとともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホーブゴーデン(Hovgården)

スウェーデン、ストックホルム郊外のメーラレン湖内、アデルスユー島にあるバイキング時代の遺跡。9世紀から10世紀にかけて栄えたものとみられ、19世紀以降、王宮や王族の墳墓などが発掘されている。1993年、同時代の遺跡が発見されたビルカとともに「ビルカとホーブゴーデン」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android