ホール(読み)ほーる(英語表記)Charles Martin Hall

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホール(Charles Martin Hall)
ほーる
Charles Martin Hall
(1863―1914)

アメリカの化学技術者。アルミニウムの溶融塩電解法を発明し工業化した。オハイオ州に生まれる。オバーリン大学在学中に師のジューエットFrank Fanning Jewett(1844―1926)教授の示唆により、アルミニウムの製法に関心をもち実験を開始した。1886年溶融水晶石にアルミナを溶解させ、溶融塩電解法により金属アルミニウムをつくることに成功し特許をとった。これは、彼と生没年がまったく同じフランスのエルーと偶然にもほぼ同じ方法で、しかも同じ年の発明であったので、ホール‐エルー法といわれている。1888年ピッツバーグ製造会社(現、アルコア)がこの方法でアルミニウムの生産を開始し、1890年彼は副社長となり、今日のアルミニウム工業の基礎を築いた。[矢木哲雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホールの関連情報