コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルー Paul Louis Toussaint Héroult

百科事典マイペディアの解説

エルー

フランスの冶金学者。1886年米国のC.M.ホールに遅れること1〜2ヵ月で独立にアルミニウムの電解冶金法を発明。1888年に特許を得た。のち製鋼用電気炉(エルー炉)を発明するなど電気冶金に寄与。
→関連項目ホール

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エルー【Paul‐César Helleu】

1859‐1927
フランスの版画家,画家。モルビアン地方に生まれる。世紀末のいわゆるベル・エポックのパリやロンドンの社交界の婦人像を数多く版画化し,ファッションにも影響を及ぼした。ドライ・ポイントの技法による流麗な刻線に妙技を発揮。その作品の多くは社交界絵画に特有の唯美的な甘さを持つが,ときに冷たい優美さをたたえた佳品もある。【小勝 礼子】

エルー【Paul Louis Toussaint Héroult】

1863‐1914
フランスの電気化学・冶金技術者。溶融塩電解によるアルミニウム製造法,およびエルー炉と呼ばれるアーク式電気炉の発明者ノルマンディーのなめし皮工場主の子に生まれ,1882年パリ鉱山学校に入学。父の死で中退し,家業を継いだ。そのかたわらアルミニウムの電解採取法について実験し,アメリカのC.M.ホールとは独立に,86年までに氷晶石の溶融浴中で黒鉛電極として電気分解するとアルミニウム金属が得られること,および酸化アルミニウムが溶融氷晶石中に溶解することを発見した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エルー【Paul Louis Toussaint Héroult】

1863~1914) フランスの冶金やきん技術者。アルミニウムの電解製造法(ホール-エルー法)・電気製鋼炉(エルー炉)を発明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルー
えるー
Paul Louis Toussaint Hroult
(1863―1914)

フランスの冶金(やきん)学者。アルクールに生まれ、1882年パリの鉱業大学に入学、金属の電気化学的製法の研究を行った。1886年溶融氷晶石中の酸化アルミニウムを電気分解してアルミニウムを製造する直接電解法(エルー法)の特許を得た。翌1887年には5ボルト、4000アンペアのエルー式電解炉の建設を指導した。電解法は、電力技術の進歩を背景に、従来のナトリウム還元法より格段に経済的な方法として急速な普及をみせた。エルーは電解炉でさまざまな金属製造の試験を行い、1900年にはくず鉄を利用して鋼鉄をつくることに成功、1902年アーヘン工業大学より名誉工学博士号を贈られた。[高橋智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエルーの言及

【鉄】より

… 20世紀に入ると転炉,平炉と並んで電気炉製鋼法が工業化された。P.L.T.エルーの1900年のアーク炉による製鋼の工業化がその発端である。平炉と転炉は主として普通鋼の製造に使用され,電気炉は主として合金鋼の製造の分野でるつぼ鋳鋼法に代わって大発展を遂げた。…

※「エルー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エルーの関連キーワードホール(Charles Martin Hall)チャールズ・マーティン ホールポール・ルイス・T. エルーチャンシャー(長沙)特別市アジア・アフリカ作家会議フーキエ=タンビルアルミニウム精錬業チャールズ フルウチャールズ ヘルー十二世紀ルネサンスホール=エルー法カルロス スリムプラズマ融解炉スタフスキーベリーカヤ川エルーセラ4月18日コランダムブロツワフオイラート

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android