コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウフラ

百科事典マイペディアの解説

ボウフラ

ボウフリとも。の幼虫の俗称。水中にすむが,汚水,たまり水,清水とそれぞれすむ種類が異なる。腹端の呼吸器を水面に出して呼吸する。(さなぎ)(オニボウフラ)は胸部が大きく,胸背に呼吸器があり,自由に泳ぐ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボウフラ
ぼうふら

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボウフラの言及

【カ(蚊)】より

…なかには湿地に産卵し,大雨で沼の水位が高くなったときに孵化(ふか)する種もある。卵は日本の夏なら1~2日間で幼虫,いわゆるボウフラ(イラスト)(孑孑)になる。流れのよどんだ溝,河岸や海岸の岩のくぼみにたまった水,水田,空缶,手洗鉢などの水をひしゃくですくうと幼虫が採集できる。…

※「ボウフラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ボウフラの関連キーワードアカムシ(アカボウフラ)コガタアカイエカワレカラ(割殻)セスジユスリカトリコミケテスツボカビ類ディスカスアカイエカ孑孒・孑孑蚊絶やしユスリカカ(蚊)帰化動物カダヤシ熱帯魚イエカ双翅類メダカカビ川虫

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボウフラの関連情報