コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウルズ Paul Bowles

大辞林 第三版の解説

ボウルズ【Paul Bowles】

1910~1999) タンジール在住のアメリカの小説家。モロッコを主な舞台に、西欧文明とは異質な世界を描く。代表作「シェルタリング-スカイ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ボウルズ

米国の作家。作曲家,音楽批評家としても有名で,T.ウィリアムズガラス動物園》の舞台音楽なども担当した。作家としては処女作シェルタリング・スカイ》(1949年)以来,アフリカを舞台に現代文明の中での人間の精神の問題を描いたものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のボウルズの言及

【ローンボウルズ】より

ボウリングなどと同系のゲームで,起源はきわめて古く,13世紀にはイギリスで行われていたという記録が残っている。たんにボウルズということも多く,用いるボールをボウルという。グリーンは40ヤード(36.6m)四方で,周囲に深さ2インチ(5cm)の溝を設け,さらにその外側は低い壁で囲う。…

※「ボウルズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボウルズの関連キーワードボールズ(Paul Frederic Bowles)ラディカル・エコノミックスムハンマド・ショクリーコモンウェルスゲームズチャールズ(皇太子)イギリス史(年表)チャールズ皇太子ディック ウルフドーン ハドソンローンボウルズイシャウッドボウリングチャールズボールズカミラ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボウルズの関連情報