コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボスコレアーレ Boscoreale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスコレアーレ
Boscoreale

イタリア南部,カンパーニア州ナポリ県の町。ベズビオ火山南麓に位置する。かつては古代ローマの小都市で,79年ポンペイなどとともに同火山の噴火によって埋没し,1893~95年に遺跡が発掘された。農家風の台所のあるビラ・ルスティカ風の住宅や別荘が多く,壁面 (ナポリ美術館,メトロポリタン美術館蔵) に描かれたフレスコ画はローマ絵画の第2様式による作例をみせ,アラ・パキスの祭壇唐草模様に似たレリーフ装飾による銀器など (ルーブル美術館蔵) も発見された。現在の町ではマカロニ,ワインの生産が盛ん。人口1万 8071 (1971) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボスコレアーレ(Boscoreale)

イタリア南部、カンパニア州の町。紀元79年のベスビオ火山の噴火によりポンペイエルコラーノとともに埋没した古代ローマ時代の遺跡には、農作業やワイン醸造のための別荘と当時の様子を復元したブドウ畑がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ボスコレアーレの関連キーワードボスコレアーレの遺宝アラ・パキス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android