ボスコレアーレ(英語表記)Boscoreale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボスコレアーレ
Boscoreale

イタリア南部,カンパーニア州ナポリ県の町。ベズビオ火山南麓に位置する。かつては古代ローマの小都市で,79年ポンペイなどとともに同火山の噴火によって埋没し,1893~95年に遺跡が発掘された。農家風の台所のあるビラ・ルスティカ風の住宅や別荘が多く,壁面 (ナポリ美術館,メトロポリタン美術館蔵) に描かれたフレスコ画はローマ絵画の第2様式による作例をみせ,アラ・パキスの祭壇唐草模様に似たレリーフ装飾による銀器など (ルーブル美術館蔵) も発見された。現在の町ではマカロニ,ワインの生産が盛ん。人口1万 8071 (1971) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android