コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボディースキャナー ボディースキャナー body scanner

翻訳|body scanner

2件 の用語解説(ボディースキャナーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボディー‐スキャナー(body scanner)

衣服の内側に不審物を隠し持っていないかを確認する装置。ミリ波テラヘルツ波などの電磁波を身体に照射するアクティブタイプと、人体が発する電磁波を検知するパッシブタイプがあり、透過型X線金属探知機では発見できない化学物質なども検知できる。各国の空港などで導入が進められている。フルボディースキャナー。→ミリ波パッシブ撮像装置後方散乱X線検査装置

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

ボディースキャナー

航空機の乗客の衣服を透視して不審物の有無を調べる保安検査機。機器は箱形で、中に入った搭乗者の全身にミリ波と呼ばれる弱い電波を数秒あてる。服の中に爆発物や拳銃などの不審物を確認すると、モニター画面内の人の形をしたイラストに、その箇所が表示される。ミリ波による人体への影響はなく、データは1人ずつ検査が終わるたびに消去される。2009年に米航空機で起こった爆破テロ未遂事件以降、欧米を中心に導入が進んでいる。日本では10年に成田空港で試験運用されたものの導入には至らなかったが、その後、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」によるテロが相次いだことや20年の東京五輪開催を受けて、国が再度、導入を検討。15年に関西、羽田、成田の3空港で実施した試験運用を経て、16年度以降、全国の主要空港の国際線で導入される見通しとなっている。

(2016-1-13)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボディースキャナーの関連キーワード内隠し隠し隠し金隠し所隠し紋内鰓秘巻内紐裏袖名隠し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボディースキャナーの関連情報